スマートフォン用の表示で見る

PHS

一般

PHS

ぴーえいちえす

移動電話の一種。Personal Handyphone Systemの略。技術規格、端末の両方を指すことがある。技術規格は日本で策定された。

無線方式

無線方式は、電波産業会(ARIB)により、STD-28として規格化されている。

無線伝送方式はTDMA-TDD(時分割多重方式)を用いる。周波数帯は1.9GHzが割り当てられている。

PHSでは、端末の出力が20mW程度(一部の事業者は300mW)である。一般の携帯電話(ドコモmovaなどのPDCcdmaなど)の1W〜5Wに対し出力が小さいため、以下の特徴を持つ。

  1. アンテナ等の回路の小型化が可能である。従って、端末・無線基地局も一般の携帯電話に比べ小型化が容易である。
  2. 無線基地局あたりの通信エリアは150m〜500mであり、一般の携帯電話に比べ狭い。(マイクロセル方式)
    そのため、自動車などの中で使う場合のように、端末が高速移動中の場合は無線基地局の切り替え(ハンドオーバー)が多く必要になり、通信品質が低下する。しかし、移動管理が高機能であれば、通信品質の低下は回避可能である。また、マイクロセル方式は一定のエリアでサービスする場合、多くの基地局があるため、特定の基地局に通信が集中する可能性が低く、安定したサービスを提供できる利点もある。

伝送ネットワーク

PHSでは、伝送ネットワーク等の部分(OSIモデルでいうトランスポート層以上)は規格化されていない。

ただし、数年前からウィルコム(旧DDIポケット)は独自に無線方式、IP網の開発を重ねており、携帯電話との差は無くなってきている。

(なお、ウィルコムの独自開発部分は上記STD-28の対象外であり、一般に公開されていない)

サービス提供事業者

日本では、以下3グループによりサービスが提供されていたが、2008年現在、営業が継続されているのはケイ・オプティコムウィルコムだけである。

  1. ウィルコムグループ(WILLCOM, 旧DDIポケットウィルコムウィルコム沖縄の2社)
    AIR-EDGEAIR-EDGE PHONEWILLCOM SIM STYLE
  2. NTTドコモ(旧NTTパーソナル, 2008年1月7日事業停止)
    パルディオシリーズ、P-inシリーズ
  3. アステルグループ(ケイ・オプティコム)
    アステルシリーズ

起源

開発当初の名称は「第二世代ディジタルコードレス電話」で、コードレス電話を家の外でも使えるようにできないか、というのが元々の発想だった。

そのため、伝送ネットワークには固定網のISDNを用いることが想定されていた。

一般の携帯電話では、基地局とその間の伝送ネットワークからネットワークが構成される。伝送ネットワークには端末の移動による伝送路の変化を実現する機能(移動管理機能)が必要になるため、一般の携帯電話用の伝送ネットワークには、固定網(NTT等のネットワーク)をそのまま使うことができない。PHSのサービスイン時には、高コストな移動管理機能を省くことにより、安価な移動電話サービスを提供しようというねらいがあったのである。

呼称

開発当初はPersonal Handy Phoneの略でPHPと称していたが、色々な理由(松下電器の関連会社のPHP研究所との区別問題など)があってPHS(Personal Handyphone System)に改称された。

また、総務省(当時郵政省)は法令上、簡易型携帯電話と言う呼称を使用していた。一般の携帯電話と異なり、移動管理機能を持たない固定網を伝送ネットワークとしたことなどが理由である。

ただし、サービスイン後は移動電話としての機能追加が行われたため、旧郵政省は仕様上不適切としPHSと改称した。

一般には「ぴっち」と呼ばれることが多い。