スマートフォン用の表示で見る

amiibo

ゲーム

amiibo

あみーぼ

任天堂による、Wii U/ニンテンドー3DSゲームソフト近距離無線通信NFC)機能で連携する周辺機器。

概要

非接触通信技術のひとつであるNFCを搭載しており、Wii UではWii U GamePadNFCエリアマークに、Newニンテンドー3DS/Newニンテンドー3DS LL*1では下画面にamiiboをかざすことでゲームと連動する。

多くはフィギュアとなっているが、本体との連動はNFCタグさえあればいいので、どうぶつの森リーズのようにカード型のamiiboもある。

amiiboに自分のMiiを登録することで、自分だけのamiiboとなる。amiiboとゲームの連動方法は、「読み込み」「読み書き」の2種類がある。「読み込み」はamiiboのデータを読み込むだけのもの、「読み書き」はそれに加えてプレイデータをamiiboに書き込むことができるものをいう。amiibo一体に、読み書き対応ソフトのデータはひとつ分しか書き込めない。ただし、読み書き対応ソフトのデータが書き込まれているamiiboでも、読み込み専用ソフトであれば使用することができる。

対応ソフト第一弾である『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』では、amiiboと読み書き対応ソフトとして連動する。amiiboのキャラクターがフィギュアプレイヤー(FP)としてゲーム内に登場、FPはプレイヤーが操作できず、自分の判断で戦う。対戦するごとにレベルが上がっていき、戦い方次第で性格や性能が変わっていく。育成したFPは、対戦時に相棒として味方に付けたり、友人とFPを持ち寄って対戦したりするという楽しみ方ができる。

マリオカート8』は、amiiboのデータを読み出すだけの連動で、対応するamiiboをタッチすると、それにちなんだMiiレーシングスーツを入手することができる。

amiiboの第1弾ラインナップは全18種類で、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』と同じ2014年12月6日発売。

フィギュア型の場合、価格は原則各1,200円+税であるが、そうでないものもある*2

*1:従来のニンテンドー3DS/ニンテンドー3DS LLでも2015年7月に発売された専用リーダライタを利用することで、amiiboや対応ソフトを楽しむことができる。

*2:『モンスターハンター ストーリーズ』シリーズのナビルー以外が1,800円+税