Hatena::ブログ(Diary)

samakikakuの今日もワハハ SAMA企画

2017-02-24 ◎確実・格安◎理科の探検(RikaTan)☆SAMA企画直送定期購読の案内

ブログ先頭に来るように日を変更しています。

RikaTan(理科の探検)は偶数月26日発売の隔月刊誌です。

※読者サポートサイト http://rikatan.com/

※ SAMA企画に1冊のみでも注文可能です!(できれば4冊以上を さらにできれば年間購読6冊を)

※ SAMA企画直送定期購読など6冊以上を申込の場合、2017年1月20日現在、自由研究号3冊をPDFで収録したDVDを先着50名様に贈呈します。申込時に自由研究DVD希望も記入して下さい。

☆計6冊以上の申込で贈呈なので既刊(バックナンバー)をふくめてもOKです。

☆本DVDは雑誌3冊の全記事が入っています。DVDだけでも¥3000(税込 送料込)で希望者に販売します。年間購読だと1冊1440円が1200円で、隔月刊ですから年間6冊で計7200円です。今回のお申し込みだとDVDのぶんお安くなりますから実質4200円で購読できることになります。

 ぜひ年間購読をご検討下さい。

───────────────────────────

【SAMA企画直送定期購読の申込法】

 *定期購読申し込み:件名を 定期購読申込 として申し込みください。

  宛先 samakikaku ★ rika.org  ★=@


 23号から定期購読しませんか。23号前からでも24号からでもOKです。

【既刊をふくめて4冊以上の申込で1号あたり1200円(税込 送料込)】

 ※6冊以上だと丸ごと自由研究号3冊文のPDF収録DVDを先着百名様に贈呈!(品切れご容赦)


定期購読は以下の流れでお願いします。

○お申し込みの流れ○

・SAMA企画まで、メール宛先 ( samakikaku ★ rika.org <株式会社SAMA企画> ★=@ 左右詰め )で件名を「季刊理科の探検定期購読申し込み」としてください。

本文に

 住所/氏名/電話番号/メールアドレス

 以下から4冊以上をお選びください。(できれば6冊以上を!)

【2012夏号(7月号) No.1(1号)】【2012理科の探検別冊自由研究号 No.2】【2012秋号(10月号) No.3】【2012冬号(1月号) No.4】【2012春号(4月号) No.5】【2013夏号(7月号) No.6】【2013理科の探検別冊自由研究2号 No.7】【2013秋号(10月号) No.8】【2013冬号(1月号) No.9】【2014年春号(4月号) No.10】【2014夏号(7月号) No.11】【2014秋号(10月号) No.12】【2014冬号(1月号) No.13】【2015春号(4月号) No.14】【2015夏号(7月号) No.15】【2015丸ごと自由研究3号 no.16】【2015秋号(10月号) No.17】【2015冬号(01月号) No.18】【2016年4月号 No.19】 【2016年6月号 No.20】 【2016年8月号 No.21】 【2016年10月号 No.22】 【2016年12月号 No.23】

【2017年2月号 No.24 12/26】…現在発売中!

【2017年4月号 No.25 2/26】

【2017年6月号 No.26 4/26】

【2017年8月号 No.27 6/26】

【2017年10月号 No.28 8/26】

【2017年12月号 No.29 10/26】

【2018年2月号 No.30 12/26】

【2018年10月号 No.28 8/26】

【2018年12月号 No.29 10/26】

【2019年2月号 No.30 12/26】

※今のところ30号までの予定です。

 1冊あたり\1200×冊数になります。

※もし正しいメールアドレスを宛先にしたのに24時間以内に返信が届かない場合はメールsama077 ★ nifty.com(SAMA企画 左巻光晴 ★=@ 左右詰め)]に再度出してください。あるいはSAMA企画にお電話でお問い合わせください。

・運送会社より、住所(マンション等の場合、建物名・部屋番号)と表札を確認しポストに投函する方法で配送をおこなっております。

お届け先が特定できないと配送されない場合がございますので、建物名・部屋番号・「〜様方」等の詳細をご記入ください。

・折り返し、お支払い金額と銀行振り込み(みずほ銀行、楽天銀行)、郵便局振り込み(ゆうちょ銀行)の口座をメールいたします。それらのどれかでお振り込みください。

 念のためにここにも出しておきます。

※振込先 次のどれかで。

 口座名義は、「 株式会社 SAMA企画    カ)サマキカク 」です。

◎みずほ銀行 みずほ銀行 方南町支店 普通口座 1132757

◎楽天銀行  {支店番号} 251 {預金科目} 普通預金 {口座番号} 7170421

◎ゆうちょ銀行  {店名} 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)

   {店番} 008 {預金科目} 普通預金 {口座番号} 7304768

  

 ※ゆうちょ銀行同士による振込の場合(ゆうちょ銀行からSAMA企画のゆうちょ銀行口座振込)には、

  記号 10000 口座 73047681 です。

↑これ(ゆうちょ銀行同士)だと振込料が無料です。(ただし回数に制限)

・お申込みを受付けてから24時間以内に折り返しメールを送信いたします。

・前払いでお願いしております。(お振込手数料はご負担願います。)

・以上で定期購読のお申込み手続きが完了致しますので、以後、各号が発行される毎にお送りさせていただきます。


メール環境がない場合は、ファックスによる申し込みも受け付けます。

電話&FAX:03-6317-5056 (SAMA企画)に上記の申し込み内容をファックス送信してください。

───────────────────────────

☆割安で確実に入手できます。☆

★今後1年間の定期購読の案内(各号144p ¥1440〈税込〉→¥1200〈税込〉送料SAMA企画負担)

(以下の中で4冊以上の購読を発行元SAMA企画にお申し込みの場合、1号あたり¥1200〈税込〉で郵送料SAMA企画負担〈ただし海外など郵送料の負担をお願いする場合があります〉)

※ 既刊・今後発行を合わせて3冊の注文 1冊あたり1300円、1,2冊の注文1冊あたり1400円(送料SAMA企画負担)。

※ できれば年間購読をお薦めします。1冊あたり1200円。1200×6冊=7200円


 2012夏号(7月号) 通巻1号 5/26発行 (付録:大判のきれいな周期表

 2012理科の探検別冊自由研究号  通巻2号   7/3 丸ごと自由研究特集

 2012秋号(10月号) 通巻3号 8/25発行 おうちの電気がわかる!身近な動物学

 2012冬号(1月号) 通巻4号 11/26発行 地球からの贈り物 鉱物の魅力

 2013春号(4月号) 通巻5号 2/26発行 特集1 光と色の不思議 特集2 身近な植物のくらし

 2013夏号(7月号)通巻6号 5/27発行 特集1身近でやさしい解剖 特集2水をめぐる科学とくらし

 2013理科の探検自由研究2号 通巻7号 7/3 丸ごと自由研究2号

 2013秋号(10月号) 通巻8号 8/27 特集:天体・宇宙

 2013冬号(1月号) 通巻9号 11/26 特集:静電気 地震活断層

 2014春号(4月号) 通巻10号 2/26 特集:ニセ科学を斬る!

 2014夏号(7月号) 通巻11号 5/26 特集:夏だ!リアル理科探検に行こう 自然を観る知る遊ぶ旅

 2014秋号(10月号) 通巻12号 8/26 特集:身近な化学 きれいな化学−“ばけがく”入門

 2014冬号(1月号) 通巻13号 11/26 特集1雲、雷、台風に迫る! 特集2圧力を実感しよう!

 2015春号(4月号) 通巻14号 2/26 特集:ニセ科学を斬る!リターンズ

 2015夏号(7月号) 通巻15号 5/26 特集:食べ物のふしぎ おいしい理科 

 2015丸ごと自由研究3号 通巻16号 7/6

 2015秋号(10月号) 通巻17号 8/26 特集:水素の基本と水素エネルギー水素社会

                     ミニ特集:身近で便利な電子レンジのふしぎ

 2016冬号(1月号)  通巻18号 11/2 特集:今だから知りたい! 地震と火山のキホン

                     ミニ特集 磁石ってスゴイ

 2016年4月号     通巻19号 2/26 特集:ニセ科学を斬る!2016     

 2016年6月号     通巻20号 4/26 特集:花の秘密に科学で迫る!

 2016年8月号     通巻21号 6/26 特集:海をめぐる19の知的冒険

 2016年10月号     通巻22号 8/26 特集:見えない力を見る・知る・感じる!

                     ミニ特集 水素水のウソ・ホント     

 2016円12月号     通巻23号 10/26 特集:陰謀論の正体!? 

                     ミニ特集 クリスマスに贈りたい科学グッズ

 2017年2月号     通巻24号 12/26 特集:綺麗で美味い!たのしい科学で冬最高!

◎以上は既刊◎

─────────────────────────── 

◎以下は今後発行予定◎ 【30号】までは発行。以後は未定。

 25号 2017年4月号 2/24 ニセ科学を斬る!2017 

 26号 2017年6月号 4/26 これって科学の「都市伝説」!?(仮題)

 27号 2017年8月号 6/26 半日・1日でできる自由研究(仮題)

 28号 2017年10月号 8/26

 29号 2017年12月号 10/26

 30号 2018年2月号 12/26

2017-02-20

実質的な自費出版のことが多い共同出版、協力出版のことに関心がある人は読むといい

 きっと共同出版だろうなと思った本があったので検索して知ったWEBサイト


 私が「共同出版」を断った理由 

http://www.kobeport.net/rental/nakano/1.html


その後、本は「第三書館」から商業出版された。共同出版応募では選外だった。

 http://www.kobeport.net/rental/nakano/2.html


 「出版してからの苦労」が続く。返本率94.6%。とくに友人らの反応…。うーむ。

 買って読んでほしい友人もほとんど買ってくれないものだからねえw。


 アマゾンで見たら中古が高額だった。絶版になっているようだ。つまりは初版は売れたが、重版するほどの売上ではなかったか、在庫にしておくと出版社が税金払うので断裁処分にしたかだ。

2017-02-17

国内自然の旅お薦めは?〜左巻健男の趣味は、国内外放浪

ぼくは旅が好きだ。忙中閑あり。一生懸命に仕事に取り組んでいると、時に考えるのは次にどんな旅をしようかということだ。旅があるからハードな仕事にも耐えられる。気に入ったところには何度も旅している。


 30年以上前に、ぼくが友人たちとつくった『関東周辺 自然ハイキング』(水曜社 1984.10 絶版)という本がある。その前書きに書いた気持ちは今も同じだ。


 “私たちのすむ日本列島は、変化に富む景色がいっぱいで、四季折々の美しさをみせてくれる。私たちは、自然にひたることで日ごろのストレスを解消し、明日への活力をやしなっている。この美しい自然にも過去があり、現在があり、そして未来がある。

 刻々と変わるその姿の一瞬を私たちは見ているのだ。


 自然の中で、すみわたった空気を胸一杯にすいこむだけでもいい。自然の中を歩く。それだけでもいい。でも、ちょっぴりそこにくらす生き物、あるいは地形、地史がわかれば、いっそう自然を身近に感じることだろう。…


 私たちは希望している。自然は、観光地だけにあるのではないことを読者のみなさんが知ることを。

 自分がくらす場所だって、かつての海が、かつての川がつくった地形をとどめていることだろう。帰化植物にまじって在来の植物がくらしていることだろう。町の中にも小さな自然がいっぱいあり、生き物たちの世界があるのだ。…”


 旅も理科も好奇心に支えられている。自然をちょっぴり科学の目でも見ながら旅したいと思う。

 今回は左巻健男の国内の旅について書いてみよう。


 もっとも回数が多いのは、もちろん自宅や勤務先のまわりの小さな旅だ。

 野田市清水公園周辺、江戸川堤を上流へ(関宿城博物館あたりまで)、都立小金井公園多摩湖自転車道多摩湖狭山湖へ。京都勤務時代は、京都各地を歩いたりサイクリングしたり。


 期間が長かったのは、旧東海道と旧中仙道を歩き通した旅だ。旧東海道は16日間。旧中仙道はもっとゆっくり歩こうと思い22日間。


 旧東海道徒歩旅行を企てたきっかけは、当時、冒険家でもある九里徳泰さんから「小学生たちと東海道を歩いたぞ」という話を聞いたからだ。「小学生が歩けるのか。それなら、ぼくも歩いてみよう」と思ったのだ。


 その完歩が、ぼくの歩き好きにしてくれた。その後、旧中山道完歩し、熊野古道の大峰奥駆け道を縦走したのだが、その始まりは旧東海道53次てくてく旅だった。


 思い起こせばいろいろなところを旅した。ぼくが自然系で何度か行っているところをあげてみよう。

 1回でも行ったことがあるところを入れると、この何倍かになるだろう。外国もいろんなところへ行った。

 好きなところは何度も行っているから、これらはぼくのお薦めだ。


九州沖縄雲仙岳阿蘇奄美大島屋久島沖縄やんばる西表島


中国四国大山隠岐、龍河洞、秋芳洞秋吉台三段峡鳴門の渦潮


近畿琵琶湖鴨川、深泥池、哲学の道高尾六甲山有馬温泉熊野古道・大峰道(大峰奥駆け道)


【中部】佐渡糸魚川ジオパーク野尻湖黒姫山、上高地槍ヶ岳、八島湿原青木ヶ原樹海、西沢渓谷、立山黒部アルペンルート一乗谷


【関東】奥日光戦場ヶ原尾瀬ヶ原至仏山・燧岳、那須・茶臼岳、妙義山長瀞、城ヶ崎自然研究路、養老渓谷清澄山、玉川上水30 kmを歩く、高尾山、川乗山、伊豆大島


東北白神山地五能線下北半島岩木山十和田湖奥入瀬渓流象潟鳥海山龍泉洞三陸海岸、月山、飯豊山系、朝日連峰五色沼自然探勝路、磐梯山


北海道知床網走などで流氷、礼文島利尻島富良野東大演習林、大雪山系寿都積丹半島

2017-02-11 検定外理科教科書をつくったときの左巻健男メモ

「教科書の編集をどうするか?左巻健男案」メモ 

※現在、中学校段階では、『新しい科学の教科書』文一総合出版(学年別と分野別)と『系統的に学ぶ中学理科』文理(物理・化学・生物・地学の分野別)の2種類がある。共に左巻健男グループによる検定外教科書である。


・教育内容の洗い出しを行う。

  概念・法則がわかるとはどういうことか? きっとオースベルの言う「先行構造体」的な知識(広い適用範囲をもった一般的・抽象的な概念・法則)を核にして、そこへの認知的包摂、身近な現象・事実との関連への意識化が「わかった」ということになろう。

  教育内容を、基礎(土台)、基本(柱)、それらに支えられる知識の3段階に分ける。それらを各単元毎に明らかにする。

  例えば,天体を学ぶとすれば、「天体の大きさ」認識は、基礎になる。その上での「空間」認識が必要である。物質の変化を学ぶときには、「金属」認識があるとないでは、大きな違いがある。

  「わかった!」ということになるには、指導要領の内容制限で難しい場合もあるが、「参考資料」などで、必要な知識は与えられないか?


・学習のスタートにふさわしい「問題」(あるいは「課題」)の表現を考える。

  生徒にとって、疑問を持つことなのか、解決したくなることなのか?

  「探究」のスタートは、「問題」の定立であることは、確かであろう。この「問題」を解決するために、「実験・観察」が考えられなければならない。「情報収集」のためにあるのではない。


・「実験・観察」を再考する。

  「実験・観察」がありきたりのものになっていないか?本質をズバリ表すものか?やる気になるものか?もっと簡単にできないか?身近なものを使えないか?


・すっきりしたペ−ジ展開よりも、ごちゃごちゃしても、楽しさを追求したい。「実験・観察」の詳細は、指導書にまかせて、「読み物」「参考資料」などたくさん入れたい。

2017-02-10

左巻健男本:2017年の増刷決定2/9現在

【2017年の増刷決定】2/9現在

左巻健男編著『現代人のための中学理科 新しい科学の教科書 生物編』文一総合出版の3刷決定

左巻健男編著『新しい高校化学の教科書』講談社ブルーバックスが18刷決定

左巻健男『面白くて眠れなくなる元素PHP重版

左巻健男・小林則彦『面白くて眠れなくなる地学』の5刷決定

左巻健男『面白くて眠れなくなる化学PHPが文庫版決定(4月発行)

さらに文一総合出版の次の4冊が重版決定との連絡。(左巻健男編著)

『新しい科学の教科書 物理編』

『新しい科学の教科書 準拠問題集 物理編』

『新しい科学の教科書 地学編』

『新しい科学の教科書3』

12年前に書いた左巻健男の文(インドを旅していたときスマトラ島沖地震・津波)

 PC文書箱にあった文章。雑誌に書いた一部。もう12年前になるんだ。メインバザールのVIVEKホテルのロビーで英字新聞に大きく TSUNAMI とあったのを思い出す。


スマトラ島沖地震津波犠牲者20万人に拡大も


 「大きな轟音が響き渡った。立ち上がって走ろうとしたが、そのときには10メートル近い水の壁にのみ込まれていた。海水を飲まないように息を止めた。私にははっきりわかった。死がそこまで迫っていると…。

 私は家族を捜して回ったが目に入るのは死体ばかりだった。そのほとんどが女性や子供で、無残にねじ曲がった冷たい遺体がいたるところに横たわっていた。…」


 家族を失ったインドの漁師は「私たちの海からあんなものがやってくるなんて誰一人として知らなかった。」と述べた(『Newsweek日本版』2005.1.12号)。


 発生時刻…2004年12月26日09時58分51秒 震央…北緯3.251° 東経95.799°深さ…10.0kmでおこったマグニチュードMw 9.0の超巨大地震地球が一瞬身をすくめただけで、巨大津波による死者が15万人を超え、20万人に達する可能性が言われている(1.10国連)。


 私はこのときインドを旅していた。デリー、ジャイプール、バラナシなど津波に無関係の場所だったが、友人たちは心配していたらしい。


 インドで新聞やテレビでtsunamiという言葉を見たり聞いた。インド人から「tsunamiは日本語だろ?」と言われたりもした。死者数が記事を見るたびに大きくなっていった。


 12月22日〜1月7日の旅を終えて帰国して最初の1月11日の講義ではこの津波を取り上げた。


 今回被害が拡大したのは警報システムがなかったこともあるが、わが日本も無関係ではない。日本人が好きなエビを養殖するためにタイなどの沿岸部でマングローブ林を切り開いて養殖池がつくられてきた。大量に養殖するので、病気などが発生して養殖池は数年で放棄。新たにまた林を伐採して養殖池をつくっていく。放棄された養殖池は元にもどらず、次第にマングローブ林は消えていく。自然の防波堤が失われてきていたのだ。


 次には感染症の蔓延が恐ろしい。コレラチフス赤痢などの水系伝染病。マラリアデング熱といった蚊が媒介する伝染病。それとインフルエンザや肺炎など呼吸器系の病気。公害や環境破壊でもそうだが、自然災害であってもいつも最も被害を受けやすいのは子どもなどの弱者である。

ページビュー
2667288