Hatena::ブログ(Diary)

samakikakuの今日もワハハ SAMA企画

2018-04-04

こちらは左巻健男&理科の探検’s blogへ引っ越し済み

メインを以下に引っ越しました。

左巻健男&理科の探検’s blog

http://samakita.hatenablog.com/


ちなみに、2018/04/04の記事は、次です。

左巻健男SNSで紹介した拙ブログ記事一覧(花粉を水に変えるマスク・松崎区議地裁で勝利・EM菌3/23〜4/4) - 左巻健男&理科の探検’s blog

http://samakita.hatenablog.com/entry/2018/04/04/100823

2017-10-10 ここを左巻健男&理科の探検’s blogへ引っ越し

メインを以下に引っ越しました。

左巻健男&理科の探検’s blog

http://samakita.hatenablog.com/

2017-09-29 「EM菌 好転反応」でグーグル検索して見たら…

◎「好転反応」をうたうものには要注意!


 健康食品・サプリを摂取した結果、体調が悪くなると、「効果のある証拠で、それは体の毒素が出ている時期」などといわれて使用を続けてしまう場合があります。これを、いわゆる「好転反応」といっています。


 健康食品・サプリで、この「好転反応」という表現自体が薬機法違反にあたります。「好転反応」に科学的根拠はありませんので、商品説明の表現として好転反応をうたうものには十分注意しましょう。


 毒になる健康食品・サプリがあり、肝機能障害やアレルギーなど健康障害が起きる場合もありますから、摂取して体調が悪くなった場合には、すぐに使用を中止しましょう。好転反応と信じて、使用中止や医療機関受診などの「適切な対応」が遅れれば、健康被害が拡大してしまうことも考えられます。「払ったお金がもったいない」などといって食べ続けた結果、病状がさらに悪化してしまったのでは、元も子もありません。


 気になる健康食品・サプリがあったら、それプラス好転反応で検索して見ましょう。

 たとえば、「EM菌」という微生物による土壌改質剤がありますが、これを健康によいとして繁殖させた液を飲んだり、その発酵抽出物の清涼飲料水である「EMX ゴールド」を飲んだりしている人がいるので「EM菌 好転反応」でGoogleで検索して見ました。


 先頭は、「Zutto_3のブログ」で、「恐ろしいEM菌 - Yahoo!知恵袋」を紹介しています。EM菌によって子犬8頭が新生児死亡した内容です。関連して「EM菌+好転反応=? - Togetter」「EM菌噴霧の危険性について - Togetter」「アトピーとEM - Yahoo!知恵袋」なども紹介しています。


 2番目は「【EM菌を飲んで4日目 画像】好転反応で思いっきり体がだるかった・・・」。


 3番目は、先頭でも紹介されていた「EM菌+好転反応=? - Togetterまとめ」。そこには、“ ?「EM菌」「好転反応」で検索すると事例が出るわ出るわ。読んでいて気持ち悪くなったのは検索事例のほとんどの人がEM菌を飲んだ後の発熱・頭痛・だるさ等の症状を良くなる前触れ(毒出し)だと考えていて、感染症の可能性を考えてないこと。”などのツイッター投稿があります。


 4番目は言葉だけで事例はないので5番目「真珠のエコチャレンジ日記」の「■ EMを飲み始めました。」に行くと、“始めは好転反応が起きて咳がでたりあちこちぶつぶつが出たりするとは知っていましたが、ほんとに出てきました。 手ががさがさになり、顔には吹き出物が・・・”とあります。

体調悪化を「好転反応」だとしていることがわかります。

2017-09-27

名誉毀損裁判を経験してのプラスとマイナス(左巻健男 vs DND〈+EM研究機構顧問だった〉出口俊一氏)

EM菌 擁護者と批判者の闘い―ドキュメント スラップ名誉毀損裁判 左巻 健男

https://www.amazon.co.jp/dp/4873100992/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_IjPVzbBYN5491 … @amazonJPさんから

*レビューあり。品切れで高額中古が売れたようだ。きっと増刷で216円で販売なのに。

*この暗黒通信団本は1日で書き上げた。定価216円。


───────────────────────────

DND(+EM研究機構顧問だった)出口俊一氏がぼくとの裁判で控訴理由書に書いた桧家と金沢工業大学のこと

http://d.hatena.ne.jp/samakita/20170915/p1

───────────────────────────


この名誉毀損裁判左巻健男のプラスマイナス。

→小金と時間さえあれば裁判は怖くない。もし負けても10万程度。だからぼくはこちらからしない。されても怖くない。

必要な小金はニセ科学批判の本の印税を充てた。数十万余ったくらい。争点が単純だったので対応の時間もあまり要らなかった。ぼくにはニセ科学裁判までも闘ったという箔が付いたかなw。


対して、DND(+EM研究機構顧問だった)出口俊一氏は、詳しくは暗黒通信団本を見て貰いたいが、EM研究機構顧問だったことが明らかに。EM側の尖兵として批判側にクレーム活動などで自称ジャーナリスト、大学客員教授の適格性に疑問が持たれた。

EMのための活動メインでDNDや出口氏への見方が違ってくる可能性がある。


EM菌側は「夢のEM住宅」を述べている。

出口氏の「住宅会社」の桧家ホールディングスの取締役も疑問がつく。

つまり、「裁判を仕掛ける側もその過程で傷を負い血を流すのである」。

2017-09-24

最近EM研究機構正社員を辞めた人の会社評価を見て…

転職ステーションに最近EM研究機構正社員を辞めた人の会社評価があった。


EM研究機構元正社員の会社評価(悪い点)

https://www.tensyoku-station.jp/company/122856/?kuchikomi_type=bad#company_kuchikomi

・仕事のいろはを直接丁寧に指導してもらったことがなかったこと

・部局間でうまく連携が取れていない事

・土日のイベントも多く、休日出勤していたこと

・目の前に与えられた仕事の意味を分からず、こなさなければならなかったこと

・自主的という名目で朝早く起きて、自主的に農場の管理を任されていたこと

・会社の都合で自身の異動が1か月のうちにころころと異動場所が変更されたこと


会社としての体をなしていないのではないか。

これらの会社評価を見て、「今も働いている人にちゃんとした人はいるんだろうか?」と正直思った。

顧問だった人が社員や当時社長と一緒に批判側にクレーム活動する会社だし。


この辞めた人はEM信者だったようだ。

それで正社員になったものの辞めた。

海の日のEM団子投げなどにも狩り出されたのだろう。

どれも会社としてどうしようもなく駄目だなあ。かつては2百名台いた社員が今60名台。

農場もやっているが、「自主的に」管理させられていたのか。

多いのは工場やホテルなどの非正規社員だろうが、正規の社員でこうなら優秀な人は入社しないし、継続もしないだろうな。

ページビュー
3011708