Hatena::ブログ(Diary)

samakikakuの今日もワハハ SAMA企画

2016-08-26 ◎確実・格安◎理科の探検(RikaTan)誌、SAMA企画直送定期購読案内

※いつもブログの先頭になるように日を調整しています。


※ 1冊のみでも注文可能です!(できれば4冊以上を さらにできれば年間購読6冊を)


 21号(2016 8月号)が6/25に発行されました。いま、販売中です。

 次に内容があります。

 http://rikatan.com/


特集は 「海をめぐる19の知的冒険」です。

 *定期購読申し込み:件名を 定期購読申込 として申し込みください。

  宛先 samakikaku ★ rika.org  ★=@


 22号から定期購読しませんか。21号からでもOKです。【既刊をふくめて4冊以上の申込で1号あたり1200円(税込 送料込)】

 年間購読で6冊7200円です。

 19号 2016年4月号 2/26……(ニセ科学を斬る!2016)本号(4月号)から隔月刊!(偶数月発行)    

 20号 2016年6月号 4/26…(花の秘密に科学で迫る!)

 21号 2016年8月号 6/25…(海をめぐる19の知的冒険) 

 22号 2016年10月号 8/26

 23号 2016年12月号 10/26

 24号 2017年2月号 12/26

 25号 2017年4月号 2/26

 26号 2017年6月号 4/26

 27号 2017年8月号 6/26

 

☆割安で確実に入手できます。☆

★今後1年間の定期購読の案内(各号144p ¥1440〈税込〉→¥1200〈税込〉送料SAMA企画負担)★


(以下の中で4冊以上の購読を発行元SAMA企画にお申し込みの場合、1号あたり¥1200〈税込〉で郵送料SAMA企画負担〈ただし海外など郵送料の負担をお願いする場合があります〉)

※ 既刊・今後発行を合わせて3冊の注文 1冊あたり1300円、1,2冊の注文1冊あたり1400円(送料SAMA企画負担)。

※ できれば年間購読をお薦めします。1冊あたり1200円。1200×6冊=7200円


 2012夏号(7月号) 通巻1号 5/26発行 (付録:大判のきれいな周期表

 2012理科の探検別冊自由研究号  通巻2号   7/3 丸ごと自由研究特集

 2012秋号(10月号) 通巻3号 8/25発行 おうちの電気がわかる!身近な動物学

 2012冬号(1月号) 通巻4号 11/26発行 地球からの贈り物 鉱物の魅力

 2013春号(4月号) 通巻5号 2/26発行 特集1 光と色の不思議 特集2 身近な植物のくらし

 2013夏号(7月号)通巻6号 5/27発行 特集1 身近でやさしい解剖 特集2 水をめぐる科学とくらし

 2013理科の探検自由研究2号 通巻7号 7/3 丸ごと自由研究2号

 2013秋号(10月号) 通巻8号 8/27 特集:天体・宇宙

 2013冬号(1月号) 通巻9号 11/26 特集:静電気 地震活断層

 2014春号(4月号) 通巻10号 2/26 特集:ニセ科学を斬る!

 2014夏号(7月号) 通巻11号 5/26 特集:夏だ!リアル理科探検に行こう 自然を 観る 知る 遊ぶ 旅

 2014秋号(10月号) 通巻12号 8/26 特集:身近な化学 きれいな化学−“ばけがく”入門

 2014冬号(1月号) 通巻13号 11/26 特集1:雲、雷、台風に迫る! 特集2:圧力を実感しよう!

 2015春号(4月号) 通巻14号 2/26 特集:ニセ科学を斬る!リターンズ

2015夏号(7月号) 通巻15号 5/26 特集:食べ物のふしぎ おいしい理科 

2015丸ごと自由研究3号 通巻16号 7/6

 2015秋号(10月号) 通巻17号 8/26 特集:水素の基本と水素エネルギー水素社会

                     ミニ特集:身近で便利な電子レンジのふしぎ

 2016冬号(1月号)  通巻18号 11/2 特集:今だから知りたい! 地震と火山のキホン

                     ミニ特集 磁石ってスゴイ

 2016年4月号     通巻19号 2/26 特集:ニセ科学を斬る!2016     

 2016年6月号     通巻20号 4/26 特集:花の秘密に科学で迫る!

 2016年8月号     通巻21号 6/25 特集:海をめぐる19の知的冒険

     

◎以上は既刊◎

─────────────────────────── 

◎以下は今後発行予定◎

 22号 2016年10月号 8/26 メイン:力学 ミニ:水素水

 23号 2016年12月号 10/26 陰謀論を斬る!

 24号 2017年2月号 12/26 冬を楽しむサイエンス

 25号 2017年4月号 2/26 ニセ科学を斬る!2017

 26号 2017年6月号 4/26

 27号 2017年8月号 6/26

 定期購読は以下の流れでお願いします。

○お申し込みの流れ○

・SAMA企画まで、メール宛先 ( samakikaku ★ rika.org <株式会社SAMA企画> ★=@ 左右詰め )f:id:samakita:20120401094614j:imageで件名を「季刊理科の探検定期購読申し込み」としてください。

本文に

 住所/氏名/電話番号/メールアドレス

 以下から4冊以上をお選びください。

 【2012夏号(7月号) No.1(1号)】【2012理科の探検別冊自由研究号 No.2】【2012秋号(10月号) No.3】【2012冬号(1月号) No.4】【2012春号(4月号) No.5】【2013夏号(7月号) No.6】【2013理科の探検別冊自由研究2号 No.7】【2013秋号(10月号) No.8】【2013冬号(1月号) No.9】【2014年春号(4月号) No.10】【2014夏号(7月号) No.11】【2014秋号(10月号) No.12】【2014冬号(1月号) No.13】【2015春号(4月号) No.14】【2015夏号(7月号) No.15】【2015丸ごと自由研究3号 no.16】【2015秋号(10月号) No.17】【2015冬号(01月号) No.18】

【2016年4月号 No.19 2/26】……4月号から隔月刊!(偶数月発行)    

【2016年6月号 No.20 4/26】

【2016年8月号 No.21 6/25】】……現在販売中!

【2016年10月号 No.22 8/26】

【2016年12月号 No.23 10/26】

【2017年2月号 No.24 12/26】

【2017年4月号 No.25 2/26】

【2017年6月号 No.26 4/26】

【2017年8月号 No.27 6/26】


 1冊あたり\1200×冊数になります。

※もし正しいメールアドレスを宛先にしたのに24時間以内に返信が届かない場合はメールsama077 ★ nifty.com(SAMA企画 左巻光晴 ★=@ 左右詰め)f:id:samakita:20120401094614j:imageに再度出してください。あるいはSAMA企画にお電話でお問い合わせください。

・運送会社より、住所(マンション等の場合、建物名・部屋番号)と表札を確認しポストに投函する方法で配送をおこなっております。お届け先が特定できないと配送されない場合がございますので、建物名・部屋番号・「〜様方」等の詳細をご記入ください。

・折り返し、お支払い金額と銀行振り込み(みずほ銀行、楽天銀行)、郵便局振り込み(ゆうちょ銀行)の口座をメールいたします。それらのどれかでお振り込みください。

 念のためにここにも出しておきます。

※振込先 次のどれかで。

 口座名義は、「 株式会社 SAMA企画    カ)サマキカク 」です。

◎みずほ銀行 みずほ銀行 方南町支店 普通口座 1132757

◎楽天銀行  {支店番号} 251 {預金科目} 普通預金 {口座番号} 7170421

◎ゆうちょ銀行  {店名} 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)

   {店番} 008 {預金科目} 普通預金 {口座番号} 7304768

  

 ※ゆうちょ銀行同士による振込の場合(ゆうちょ銀行からSAMA企画のゆうちょ銀行口座振込)には、

  記号 10000 口座 73047681 です。

↑これ(ゆうちょ銀行同士)だと振込料が無料です。


・お申込みを受付けてから24時間以内に折り返しメールを送信いたします。

・前払いでお願いしております。(お振込手数料はご負担願います。)

・以上で定期購読のお申込み手続きが完了致しますので、以後、各号が発行される毎にお送りさせていただきます。


メール環境がない場合は、ファックスによる申し込みも受け付けます。

電話&FAX:03-6317-5056 (SAMA企画)に上記の申し込み内容をファックス送信してください。


※RikaTan読者サポートサイト http://rikatan.com/


f:id:samakita:20120414201353j:image

 第一号の夏号には元素周期表の付録がついています!

※ 付録のきれいなA1版・元素周期表はこんな感じ!季刊理科の探検 RikaTan誌夏号(5/26発行)の付録

※新聞を広げた大きさです!

発行元:株式会社SAMA企画 販売元:株式会社文理

f:id:samakita:20120430064743j:image

f:id:samakita:20120611070457j:image

f:id:samakita:20120811130752j:image

f:id:samakita:20121028154326j:image

f:id:samakita:20130203154210j:image

f:id:samakita:20130514202339j:image

f:id:samakita:20130614162018j:image

f:id:samakita:20131125184906j:image

f:id:samakita:20131125184907j:image

f:id:samakita:20140125172643j:image

f:id:samakita:20140522133000j:image

f:id:samakita:20140827073121j:image

f:id:samakita:20141116165026j:image

f:id:samakita:20150215072736j:image

f:id:samakita:20150508111055j:image

f:id:samakita:20150625164411j:image

f:id:samakita:20150823173520j:image

f:id:samakita:20151127170456j:image

f:id:samakita:20160222145949j:image

f:id:samakita:20160426094655j:image

f:id:samakita:20160623083631p:image

2016-07-25

左巻健男はNHKあさイチに生出演!7月26日(火)9時半〜(15分間)テーマは「理科の自由研究」

 左巻健男(さまきたけお)です。


 理科の探検(RikaTan)誌編集長をしています。

 NHKあさイチから連絡があって、打ち合わせをしたり、友人たちに協力をお願いしたり、実験をしたりして準備をしてきました。

 ピンポイントの理科の話なら準備無しで行けるのですが、自由研究でいくつかの面白テーマを紹介となると、なかなか大変です。

 

 その担当のあさイチスタッフは、ぼくの次の本と雑誌を見ていました。

 まずぼくが編集長の理科の探検(RikaTan)誌の自由研究特集号三冊です。


・丸ごと自由研究特集号 観る・知る・遊ぶ! 夏の自由研究おすすめ42テーマ

http://www.rikatan.com/wiki.cgi?page=backnumber12ap1.html


・丸ごと自由研究特集2号 大人も子どもも、楽しめる!! 夏の自由研究

http://www.rikatan.com/wiki.cgi?page=backnumber13jiyuken.html


・丸ごと自由研究特集3号 探検! 発見? 必見‼ 所要時間と年齢で選べる42テーマ

http://www.rikatan.com/wiki.cgi?page=backnumber15jiyu.html


※以上の3冊の内容をすべてPDFで収録したDVD株式会社SAMA企画で1枚3千円(税込送料込み)で販売しています。

 SAMA企画に問い合わせをしてください。


 さらに、左巻健男監修『自由研究ガイドブック』東京書籍 も。


→数時間でできちゃう研究から数週間かけてじっくりやる研究まで,とにかくおもしろい60のテーマのやり方,結果の導き方,提出レポートの例,発展のさせ方をわかりやすく解説。(小学生対象) 


【以上を7/25に書きました。生出演の本番が終わったら追記しようと思います。】

 

 

2016-07-21

理科の探検(RikaTan)誌10月号の「編集長エッセイ」一次稿

理科の探検(RikaTan)誌10月号の「編集長エッセイ」一次稿です。


 次号(12月号)は陰謀論の特集です。乞うご期待!


☆次号(12月号)の特集は、「陰謀論をリカタン的に斬る!」(仮題)

 次のテーマを取り上げます。陰謀論は初めて特集します。

・陰謀論とは何だ!?

・人が陰謀論にはまるわけ

アポロ月着陸はなかったか?

・9.11はテロではなく米国政府の自作自演か?

・3.11は地震兵器による大地震か?

台風など気象災害は気象兵器で起こされているのか?

UFO陰謀論 既に地球は異星人に監視されている?

地球温暖化CO2原因説は原発推進派の陰謀だ

・理系学生の「アポロ月着陸」「水からの伝言」などの認識実態

 2月号の特集は、「冬を楽しむサイエンス」(仮題)にアプローチしようかと考えています。

 4月号は、「ニセ科学を斬る!2017」の予定です。

 取り上げてほしいテーマがありましたらSAMA企画 samakikaku★@rika.org (★を削除し詰める)へ件名を「リカタン誌で希望」とでもして連絡ください。本号の感想もぜひお願いします!


☆編集長、NHKあさイチに生出演!

 『あさイチ』は、NHKが総合テレビジョンで平日朝に生放送しています。ぼくは、7月26日のNHKあさイチに生出演します。「理科の自由研究」のテーマです。そこで紹介する予定の自由研究テーマは、これまでに3冊を出した『丸ごと自由研究号』で取り上げたものが多いです。リカタン委員の協力があって実物を見せることができます。

 その次の日の27日にはラジオの文化放送で朝に「水素水」のテーマで出演します。

 今夏は北海道から沖縄まで小学校、中学校、高校の先生方に理科教育の話をすることが多いです。8月5日には法政大学の教員免許状更新講習で「怪しげな科学情報と科学思考」の講師をします。

 著作は、7月に『面白くて眠れなくなる元素PHP研究所、8月に『面白くて眠れなくなる理科』PHP文庫版が出ました。


☆次期リカタン委員の募集要項は次号の本エッセイに!

 理科の探検(RikaTan)誌の特集内容は、リカタン委員のメーリングリストで企画を話し合い、時々開催の編集会議で決定しています。原稿は、リカタン委員のうち「編集委員」が分担して検討しています。さらに、リカタン委員有志が「インデザイン」というソフトを使って、分担して頁のレイアウトを行っています。リカタン委員のボランティア的な活動のサポートのおかげで発行できています。次期の第6期リカタン委員を募集する予定です。リカタン委員として一緒に本誌の発行に関わりたい人は、次号(12月号)の本エッセイに募集要項を出しますので見逃さないようにしてください。

 厳しい出版状況で、とくに中でも雑誌が厳しいです。ぜひ定期購読をお願いします。学校などの図書室にもバックナンバーを揃えて戴ければ幸いです。

2016-07-20

7月31日(日)17時から西新宿でオフ会

今月出版の山賀進『科学の目で見る 日本列島地震津波噴火の歴史』

ペレ出版左巻健男『面白くて眠れなくなる元素PHPの出版にかこつけて

オフ会を行います。

7月31日(日)17時〜20時

台湾料理の山珍居 (サンチンキョ)03-3376-0541 

大江戸線 西新宿5丁目より徒歩1分

新宿西口より永福町行きバス 約10分

西新宿五丁目駅から86m

予算は5千円程度と思います。

2016-07-11 原稿執筆の継続〜新任から8年間で学んだこと〜

 中高教諭の時の話。

 ぼくはよく「何時原稿を書いているんですか?」と質問をうけた。「ほとんど学校ですませている」と答えると驚かれる。

 (どの学校でもぼくと同様にできるとは思えないが。化学教官室にはぼくと助手の人だけで17時以降は助手の人もいないのでワープロやパソコンに向かっていた。)

当時、パソコンがまだ自宅になかった。家には仕事を持ち込みたくない(家では読書をする)。資料もほとんど学校においてあるからである。結局、すき問の時間にちょこちょこ

と書いていくことと集中して書く時間をとることを、うまく使い分けているつもりである。しかし、そうは言っても、ぎりぎりまで取りかからないことが多いのはいっものことだ。だから、原稿執筆で、締切りが迫ってくると休みの日にも学校に行くこともある。


 何か原稿を書くことを依頼すると「忙しくて駄目」と断わられることが多い。本当に現場は忙しい。それは確かだ。そこに新しい仕事をプラスすれば、どこかで「手抜き」をしなくてはやっていけないかもしれない。雑誌に原稿を書いたり、本を出したからって格別教師としてエライわけではない。ぼくたちは、大学のように「業績」で評価されるわけではない。


 本を出してもミジメな実践しかできていない教師もいるかもしれない。ぼくも授業後反省してしまうことも多い。本を書かないでその分実践に力を入れたほうがよいかもしれないのだ。


 しかし、理科教育などの情報を発信してくれる人もいなければなるまい。ぼくは、本をつくることが「趣味」だから、誰かがやってくれるのを待つよりは、こんな本があればいいのに!」という思いを持ったら、早速実行に移してしまうほうなのだ。


 学校の仕事はできるだけ勤務時間内に片づける。そのためには、仕事に軽重をつけて、かつテキパキと処理しなければならない。「時間がない」のではなくて「時間はつくる気があればつくれる」と思っている。


 幸いなことに、ぼくは新任のときから8年間勤めた埼玉県大宮市立春里中学校時代に学年集団から仕事の処理術を学ぶことができた。

 「何でもかんでも同じレベルで一所懸命やるというのではなく…ダラダラやらないで、17時ごろには終えて、みんなで帰ったものだった。」(拙著『おもしろ理科授業入門』18〜19頁)

 そこで、ぼくは仕事を手早くやる癖がついた。それも我ながら大変な集中力で。それでも

文書だったら、誤字・脱字が1,2か所あるかないかである。そのポイントは「100%主義ではなく85%主義」というあたりであろうか。(ときにはミスをして笑ってごまかしていたが。)


 学校の仕事はどこかで妥協して打ち切らない限り時間的に無限とも言える。問題のない完璧なできあがりを100%とすると、1時間かけると95%仕上がる仕事があったとする。これを2時間かけると98%に、3時間かけると99%に、5時間かけると100%になったとする。多くの教師は、そのまじめさゆえに3時間、5時間かけてしまうようだ。しかし、時間をかけるほど「時間と仕事の密度」から見た能率は下がっていくものだ。

 

 

 学年集団でやったのは、教育についての議論である。そんな職場、そんな学年集団で過ごせたことは実にラッキーだったと思える。

ページビュー
2479029