クレーター

(サイエンス)
くれーたー

crater(英)

地表が円形というかスリバチ状に凹んだ地形の総称。火山の噴火や隕石の衝突痕として発生。
大気が存在し、地表が降雨で洗われ植生が土地を浸食する地球上では、よほどの好条件*1に恵まれない限りは生き延びられない*2
比率的には隕石の衝突によるものが多数を占める。よって、(大気がないので)微細隕石でも衝突できる月面は、文字通り無数のクレーターで覆われている。このことが知られてからは、隕石が衝突してできた穴は(「地形」でなく、数ミリとかその程度の小さなものでも)なんでもクレーターと呼んでいる場合もある。

*1:砂漠の中にあるとか

*2:白亜紀末の大絶滅とK/Tイリジウム集積層をもたらしたとされる巨大隕石が、メキシコのユカタン半島に作った直径300kmの特大クレーターですら、研究が進むまでは発見されなかった

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ