ハト派

ハト派

(一般)
はとは

組織の中における穏健的な人。
いわゆる、穏健派。


[参考]
「ハト派」とは、特定の政治信条を持つ人または集団を指す言葉。対義語は「タカ派」。

旧約聖書のノアの方舟の伝説からハトが持つ平和のイメージを政治的傾向の分類に用いたもの。必ずしも明確な基準はないが、一般的には外交・安全保障政策などについて穏健な考えを持ち、そういった政策を支持している人々をハト派とよぶ。かつては、鷹=武力による解決、鳩=対話による解決、と説明されることが多かったが、現代では武力を用いることが少ないため、単に比較的「穏健」「慎重」と思われる姿勢を「ハト」と称することが多い。

なお、国内政治に関しての保守・革新とはなんら関係なく、保守においても革新においてもハト派・タカ派どちらもありうる。

自民党では加藤紘一、古賀誠、かつての内閣総理大臣だった宮澤喜一などがハト派と呼ばれることが多い。ジャーナリストにおいては筑紫哲也が代表的である。

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%88%E6%B4%BE" より作成



[対義語]
タカ派

ネットの話題: ハト派

人気

新着

新着ブログ: ハト派