伊勢

(読書)
いせ

平安時代中期の歌人。「伊勢の御」、「伊勢の御息所」と呼ばれる。三十六歌仙の一人。
元慶元(877)年頃生、天慶元(938)年頃没。
伊勢守藤原継蔭の娘。「伊勢」は女房名で、父の官名による。
宇多天皇の中宮温子に仕え、その兄弟である藤原仲平や藤原時平との恋愛の後、宇多天皇自身の寵愛を受け、皇子を産んだ。
後、宇多天皇の皇子敦慶親王との間に中務を産んだ。
私家集は『伊勢集』。『古今和歌集』に二十二首、『後撰和歌集』に七十首入集。女流歌人として高く評価された。

難波潟短き葦のふしの間も逢はでこの世を過ぐしてよとや
(百人一首 19/新古今和歌集 巻11 恋1 1049)

伊勢

(ゲーム)
いせ

18禁ビジュアルノベル「腐り姫」の登場キャラクター。

伊勢

(地理)
いせ

地名

  1. 三重県にある地名。伊勢市。
  2. 東海道の一国,勢州。伊勢国。
  3. 江戸時代までの三重県北部に相当(南部は紀伊国)。
  4. 明治時代までの令制国(りょうせいこく)としての地名。
  5. 西に大和、北に伊賀、北東に近江・美濃と隣接した。

旧日本海軍艦艇名

→伊勢級

関連キーワード

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ