執事

(一般)
しつじ

バトラーもしくはスチュワード(butler; steward)

字面通りに解するならば、「事務を執りしきる」人のこと。通常はお金持ち(上流階級)の家で家政を取り仕切っている人のこと。非常に限定的だが、場合によっては家宰などと書かれることもある。メイドの対義語(ウソ)。

その他、以下のようないろいろな役職の名としても用いられる。

  • 内豎所で、別当と頭に次ぐ地位
  • 院庁の長
  • 鎌倉幕府の執権の別称
  • 室町幕府における将軍補佐官筆頭*1。管領の前身。
  • 鎌倉・室町幕府の問注所の長官
  • 聖公会などでの聖職の一(deacon。カトリック教会ではこの地位は助祭と訳される)

*1:本当は足利家に属するポジションの一つと解するべきかもしれないが。地位の重要性も、高師直個人のキャラクターによって生じた面も否定できない

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ