山本周五郎賞

(読書)
やまもとしゅうごろうしょう

新潮社主催の文学賞。選考委員の任期を4年とすることなどで、直木賞との違いを打ち出している。

過去の受賞者と受賞作

  • 第1回『異人たちとの夏』山田太一
  • 第2回『TUGUMI』吉本ばなな
  • 第3回『エトロフ発緊急電』佐々木譲
  • 第4回『ダック・コール』稲見一良
  • 第5回『砂のクロニクル』船戸与一
  • 第6回『火車』宮部みゆき
  • 第7回『一九三四年冬─乱歩』久世光彦
  • 第8回『閉鎖病棟』帚木蓬生
  • 第9回『家族狩り』天童荒太
  • 第10回『奪取』真保裕一・『ゴサインタン』篠田節子
  • 第11回『血と骨』梁石日
  • 第12回『エイジ』重松清
  • 第13回『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子
  • 第14回『五年の梅』乙川優三郎・『白い薔薇の淵まで』中山加穂
  • 第15回『パレード』吉田修一・『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』江國香織
  • 第16回『覗き小平次』京極夏彦
  • 第17回『邂逅の森』熊谷達也
  • 第18回『明日の記憶』荻原浩・『君たちに明日はない』垣根涼介
  • 第19回『安徳天皇漂海記』宇月原晴明
  • 第20回『中庭の出来事』恩田陸・『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦
  • 第21回『果断 隠蔽捜査2』今野敏・『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ