Hatena Blog Tags

広告代理店

(一般)
こうこくだいりてん

広告主(広告を出したい会社。主に、新聞・雑誌・ネット・TV・ラジオなどのメディア)と、広告掲載主(広告を載せたい人、企業。いわゆるスポンサー)の仲介をしている会社のこと。
広義で、広告会社ともいう。


広告主・広告掲載主から広告の制作を請け負ったり、広告主から予め空き広告スペースを安く購入し仕切りをつけてスポンサーに販売したりして、利益を得ている。
代表的な広告代理店として、電通、博報堂などがある。

流行っていないものを流行っているかのように見せかける企業でもあり、広告主や消費者はおどらされないよう注意したい。
電通によるセカンドライフへの過剰な芝居は酷く社名がネットスラング化した。
皮肉にも撤退後にコアなユーザー層が残り、引き続き新規ユーザーの加入もあり、助け合い精神による安定的な発展を遂げている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

(暴行事件)2007年12月4日、××駅にて、全く知らない見ず知らずの30~40歳代で中肉中背で若い愛人女が大好きそうな底意地の悪そうな会社員の寄生虫おじさんに因縁を付けられ、暴行を受けました。11月28日、その数日前にも、○○駅で、見ず知らずの中国人か韓国人だと思われるアジア人が同じ手法で因縁を付けてきました。全く面識がないのに三十年以上もストーカーをしている当たり屋系の寄生虫集団の最近の方法は、私が乗車している車両の降りるドア近くで待機し、私が降りようとすると、わざと出口を塞ぎ(それが露骨な邪魔なので

(暴行事件)2007年12月4日、××駅にて、全く知らない見ず知らずの30~40歳代で中肉中背で若い愛人女が大好きそうな底意地の悪そうな会社員の寄生虫おじさんに因縁を付けられ、暴行を受けました。11月28日、その数日前にも、○○駅で、見ず知らずの中国人か韓国人だと思われるアジア人が同じ手法で因縁を付けてきました。全く面識がないのに三十年以上もストーカーをしている当たり屋系の寄生虫集団の最近の方法は、私が乗車している車両の降りるドア近くで待機し、私が降りようとすると、わざと出口を塞ぎ(それが露骨な邪魔なのです)、私が降る際にぶつかると、当たったと言って因縁を付けてくるものです。まさに、当たり屋や…