木次線

木次線

(地理)
きすきせん

広島県島根県を結ぶ、JR西日本鉄道路線地方交通線)。
中国山地の山間に位置し芸備線に接続する備後落合駅広島県庄原市西城町)と、宍道湖の南で山陰本線に接続する宍道駅島根県松江市)の間 81.9km を結ぶ。単線非電化。
出雲坂根駅の3段スイッチバック、亀嵩駅の蕎麦屋などが見所。

列車

普通列車のみ、1日3往復ないし10.5往復(区間による)の列車が運転されている。このほか、シーズンの休日にはトロッコ列車の「奥出雲おろち号」の運転もある。

沿革

1916年10月11日、簸上鉄道 宍道−木次間開業
1932年12月18日、木次線 木次−出雲三成間開業
1934年8月1日、簸上鉄道(宍道−木次間)を買収、木次線に編入
1934年11月20日、出雲三成−八川間開業
1937年12月12日、八川−備後落合間開業

駅一覧

駅名 よみ
「えき」は略
宍道駅 しんじ
南宍道駅 みなみしんじ
加茂中駅 かもなか
幡屋駅 はたや
出雲大東駅 いずもだいとう
南大東駅 みなみだいとう
木次駅 きすき
日登駅 ひのぼり
下久野駅 しもくの
出雲八代駅 いずもやしろ
出雲三成駅 いずもみなり
亀嵩駅 かめだけ
出雲横田駅 いずもよこた
八川駅 やかわ
出雲坂根駅 いずもさかね
三井野原駅 みいのはら
油木駅 ゆき
備後落合駅 びんごおちあい


リスト::鉄道路線

ネットの話題: 木次線

人気

新着

新着ブログ: 木次線