篠ノ井

篠ノ井

(地理)
しののい

地域として

長野市南部の地域。旧・篠ノ井市の市域である。
篠ノ井布施高田・篠ノ井布施五明・篠ノ井御幣川・里島・金井田・合戦場一〜三丁目・篠ノ井会・篠ノ井小森・篠ノ井東福寺・篠ノ井杵淵・篠ノ井西寺尾・広田・神明・東犀南・篠ノ井横田・みこと川・篠ノ井二ツ柳・篠ノ井塩崎・篠ノ井小松原・篠ノ井岡田・篠ノ井有旅・篠ノ井石川をいう。

篠ノ井駅で篠ノ井線としなの鉄道線が分岐するほか、地域内を国道18号が縦断し、また上信越自動車道の更埴IC・JCTにも近く、交通の要衝となっている。

近年は長野市のベッドタウンとして発展している。

篠ノ井駅 JR東日本・しなの鉄道

長野県長野市篠ノ井布施高田に存在する、JR東日本しなの鉄道の駅。→ 篠ノ井駅

リスト駅キーワード

新着ブログ: 篠ノ井