芦田伸介

アート

芦田伸介

あしだしんすけ

1917年3月14日 - 1999年1月9日 俳優。

島根県松江市に生れる。松江中学校(現・島根県松江北高等学校)を経て、東京外国語学校(現・東京外国語大学)に入学する。1937年満州に渡り、大連で見た新劇の公演に感激し、「新京放送劇団」に入る。1943年、「満州映画協会」の『血銭芙蓉』で映画デビューする。

終戦を満州で迎え、妻子を抱え生死の淵をさまよったが、1947年、やっとのことで日本に帰国。森繁久弥など満州での演劇仲間と劇団を作るが失敗し、1949年に、劇団民藝に入団する。舞台に立つ傍ら、独立プロ系の映画にも脇役で出演する。

1950年代後半になると、アクション映画全盛の日活で刑事役として活躍するようになるが、1958年、交通事故で重傷を負い、顔面に大きい傷を受けると同時に失語症にもなるが、翌年再起する。

1961年、驚異的な視聴率を記録した、TBSの人気ドラマ『七人の刑事』にレギュラー出演。その抑えた演技は爆発的な人気を得た。続けて、1966年、NETの『氷点』に主演。深い葛藤を内に秘めた役で人気を集めた。

1970年劇団民藝を退団し、フリーになる。その後も、映画、テレビを中心に多くのドラマで活躍。1999年1月9日死去。享年81。