スマートフォン用の表示で見る

企業年金

社会

企業年金

きぎょうねんきん

企業が、公的年金に加えて設ける私的な年金制度のこと。企業が従業員に対して年金を支給する仕組み。従業員にとって、「老後の生活保障」の一部として期待され、多くの企業に普及している制度である。

厚生年金基金税制適格退職年金確定拠出年金(401K)、確定給付企業年金中小企業退職金共済制度などがある。

運用・管理は、企業年金制度を持つ企業が設立する企業年金資金の管理法人企業年金基金」、もしくは、企業と契約を締結した受託機関が企業外で行う。

確定給付企業年金と確定拠出年金

確定給付企業年金

確定給付型企業年金」の俗称。予め定めた給付年金額を基準に逆算した掛け金を、現役時代から積み立てておくタイプの年金。老後に受け取る受給額が確定している。→「確定給付企業年金

確定拠出年金

日本版401k」と同義。確定した資金を掛け金とし、資金運用の結果が年金となる。老後に受け取る受給額が未定。→「確定拠出年金