スマートフォン用の表示で見る

汽車

キーワードの候補

2件

音楽

汽車

きしゃ

童歌童謡文部省唱歌。作詞は不明 (詳細は後述)、作曲は大和田愛羅。汽車蒸気機関車が牽引する客車列車)がさまざまな場所を通り抜け、その目まぐるしい変化の面白さを歌っている。1912年(明治45年)に刊行された『尋常小学唱歌 第三学年用』が初出(この初出譜では、5〜8小節と13〜16小節とが誤って逆に印刷されている)。2007年(平成19年)に「日本の歌百選?」に選ばれた。

歌詞

1番

今は山中 今は浜

今は鉄橋渡るぞと

思う間も無く トンネル

闇を通って広野原(ひろのはら)

2番

遠くに見える村の屋根

近くに見える町の軒(のき)

森や林や田や畑(はたけ

後(あと)へ後へと飛んで行く

3番

廻(まわ)り灯籠(どうろう)の画(え)の様に

変わる景色のおもしろさ

見とれてそれと知らぬ間に

早くも過ぎる幾十里

一般

汽車

きしゃ

元は蒸気機関車、または蒸気機関車が牽引する列車のことだが、今でも地域や世代によっては、電気で動く物も含めて列車のことを全て「汽車」と呼ぶ(あるいはJRのことを汽車市電私鉄のことを「電車」と呼ぶ)習慣が残っている。また、電化されているものを「電車」気動車を「汽車」と使い分ける人もいる。

逆に、列車のことを全て「電車」と呼ぶ人が、特に都会の人や若い人に多い。

中国語では自動車のことを「汽車」という(汽車に相当する言葉は「火車」、さらにいうとトロリーバスを「電車」という)。