スマートフォン用の表示で見る

血栓

サイエンス

血栓

けっせん

血栓とは、血管の中にできる血の塊のこと。

血栓ができる仕組みは、まず、血管が破れて出血が起こると、そこに血液中成分のひとつである血小板が集まって互いに集まって互いにくっつき合って固まる(とりあえずの止血、血小板血栓という)。

しかし、これだけでは止血は不十分として、次に、正常では血液に溶けているフィブリノーゲンというタンパク質が「フィブリン」(線維素ともよぶ)という固形に変化して、さらにしっかりと血管の破れた場所を止血する。

それを土台にして、破れた血管壁の細胞が増殖し、血管は修復される。

このフィブリンがいわゆる血栓の正体。