スマートフォン用の表示で見る

斎藤道三

一般

斎藤道三

さいとうどうさん

戦国大名織田信長の岳父。長井新九郎規秀。

油売りから一代で戦国大名に成り上がった「下克上の代表」だと思われていた。

近年の研究では父、長井新左衛門尉が妙覚寺の僧から還俗して武将となり、美濃守護土岐氏の奉行にまで出世しており、道三はそこから美濃を手中にしたということになっている。

1556年、家督を譲った長男義龍と対立し、長良川の合戦で戦死。