スマートフォン用の表示で見る

真田信之

社会

真田信之

さなだのぶゆき

戦国武将

永禄9年(1566年)、生まれ。万治元年(1658年)、死去。

真田昌幸の子、真田信繁*1の兄。通称は源三郎。

妻が本多忠勝の娘・小松姫という関係から関ヶ原の戦いでは東軍につき、戦後は昌幸・幸村の助命を徳川家康に願い出た。

昌幸・幸村が高野山に送られたため家督を継ぎ、真田信幸から真田信之に名を改めた。

元和8年(1622年)、信濃松代に位封され、松代藩初代藩主となる。