スマートフォン用の表示で見る

千利休

一般

千利休

せんのりきゅう

茶人

幼名:与四郎

正親町天皇より千姓を許されて、千宗易を名乗る。

天正13年、禁中小御所での茶会にて天皇に茶を献じ、利休居士の号を贈られ千利休となる。

珠光、紹鴎に学び草庵の侘び茶を大成、

天下一の茶道名人として全国にその名を馳せる。

天正19年2月28日、秀吉の命により切腹

辞世

「人世七十 力圍希咄 吾這宝剣 祖仏と共に殺す 堤ぐる我が得具足の1つ太刀 今この時ぞ天に抛」