スマートフォン用の表示で見る

泉北高速鉄道

地理

泉北高速鉄道

せんぼくこうそくてつどう

泉北高速鉄道株式会社は、鉄道事業トラックターミナルの運営事業などを行う、南海電気鉄道の完全子会社となる予定の法人

2014年7月1日大阪府都市開発株式会社から商号を変更した。

鉄道事業

泉北高速鉄道線は、大阪府南部を走る第三セクター大阪府都市開発が運営する鉄道線。

中百舌鳥駅和泉中央駅間の14.3kmを結ぶ。

泉北ニュータウンの開発に合わせて整備され、1971年中百舌鳥駅泉ヶ丘駅間、1973年泉ヶ丘駅栂・美木多駅間、1977年栂・美木多駅光明池駅間が開業。

さらにトリヴェール和泉の開発によって、1995年に光明池駅和泉中央駅間が開業した。

1999年4月、ストアードバリューシステム「スルッとKANSAI」実施。

2006年7月、PiTaPaピタパ)導入。

駅名読み
“えき”は略
接続路線
中百舌鳥駅なかもず南海電気鉄道高野線相互直通運転
大阪市営地下鉄御堂筋線
深井駅ふかい-
泉ヶ丘駅いずみがおか-
栂・美木多駅とが・みきた-
光明池駅こうみょういけ-
和泉中央駅いずみちゅうおう-

スルッとKANSAI

関西圏の共通乗車カードシステムに加盟している。泉北高速鉄道の発行するスルッとKANSAI対応カードは「ブルーライナーカード」という。

運賃割高感

キロあたりの運賃は他鉄道会社と比べて高いわけではないが、このような印象を持たれてしまうことがあるのは次の理由による。

  • 駅間距離が長い。→「一駅しか乗ってないのに○○円もする」、「10分しか乗ってないのに○○円もする」
  • 南海電鉄相互乗り入れしていて、2社を跨ぐ区間を利用する人が多く、その場合、2社それぞれの初乗り運賃がかかってしまう*1

*1:両者を乗り継いだ場合の割引があるが、それでも割高になる