スマートフォン用の表示で見る

喘息

サイエンス

喘息

ぜんそく

肺の末端細胞が肺から遊離して、酸素供給量が著しく低下する病気。とても苦しい。現在は予防療法が一般的だが、発作が起きてしまったときは、気管支拡張剤を用いて治療する。発作にはロイコトリエンの関わりが深いとされ、ロイコトリエンを抑止することで、発作を未然に防ぐこともできる。