スマートフォン用の表示で見る

F1日本GP

スポーツ

F1日本GP

えふわんにほんぐらんぷり

F1において日本で開催される大会。

1987年の開催以来、長年鈴鹿サーキットでのみ開催されていたが、2007年より富士スピードウェイでの開催*1を機に2009年以降は鈴鹿サーキットとの隔年開催になっていたが、富士スピードウェイが09年に諸般の事情から2010年以降の開催を取りやめ、再び鈴鹿サーキットのみの開催に戻った。

鈴鹿サーキット富士スピードウェイの交互開催となった背景には、自動車メーカートヨタが企業的中華思想とも言える強引な横槍を入れたと言われている。

しかしその強引さから各種の無理が露呈する結果となった。

歴代結果

年度開催地決勝開催日優勝者コンストラクター日本人最上位備考
1976年富士スピードウェイ10月24日マリオ・アンドレッティロータス高原敬武9位(スポット参戦)フルウェット
1977年富士スピードウェイ10月23日ジェームズ・ハントマクラーレン高橋国光9位(スポット参戦)決勝で観客・警備員2人死亡
1987年鈴鹿サーキット11月1日ゲルハルト・ベルガーフェラーリ中嶋悟6位NA最高位はジョナサン・パーマー?(ティレル・総合8位)
1988年鈴鹿サーキット10月30日アイルトン・セナマクラーレン中嶋悟7位NA最高位はティエリー・ブーツェン?(ベネトン・総合3位)
1989年鈴鹿サーキット10月22日アレッサンドロ・ナニーニベネトン中嶋悟41周DNFファイナルラップでセナとアラン・プロストが接触
トップチェッカーのセナ失格
1990年鈴鹿サーキット10月21日ネルソン・ピケベネトン鈴木亜久里3位オープニングラップでセナとプロストが接触
亜久里アジア人初のF1表彰台
1991年鈴鹿サーキット10月20日ゲルハルト・ベルガーマクラーレン中嶋悟30周DNF 
1992年鈴鹿サーキット10月25日リカルド・パトレーゼウィリアムズ鈴木亜久里8位 
1993年鈴鹿サーキット10月24日アイルトン・セナマクラーレン鈴木利男12位(スポット参戦) 
1994年鈴鹿サーキット11月6日デーモン・ヒルウィリアムズ片山右京井上隆智穂3周DNFフルウェット
赤旗中断により2ヒート制レース
1995年鈴鹿サーキット10月29日ミハエル・シューマッハベネトン井上隆智穂12位 
1996年鈴鹿サーキット10月13日デーモン・ヒルウィリアムズ片山右京37周DNF 
1997年鈴鹿サーキット10月12日ミハエル・シューマッハフェラーリ中野信治22周DNF暫定的に出走のジャック・ヴィルヌーヴ5位フィニッシュも失格
1998年鈴鹿サーキット11月1日ミカ・ハッキネンマクラーレン中野信治40周DNF 
1999年鈴鹿サーキット10月31日ミカ・ハッキネンマクラーレン高木虎之介43周DNF 
2000年鈴鹿サーキット10月8日ミハエル・シューマッハフェラーリ未出走 
2001年鈴鹿サーキット10月14日ミハエル・シューマッハフェラーリ未出走 
2002年鈴鹿サーキット10月13日ミハエル・シューマッハフェラーリ佐藤琢磨5位 
2003年鈴鹿サーキット10月12日ルーベンス・バリチェロフェラーリ佐藤琢磨6位(スポット参戦) 
2004年鈴鹿サーキット10月10日ミハエル・シューマッハフェラーリ佐藤琢磨4位台風の影響により予選を午前中に開催
2005年鈴鹿サーキット10月9日キミ・ライコネンマクラーレン佐藤琢磨失格佐藤は13位フィニッシュも失格
2006年鈴鹿サーキット10月8日フェルナンド・アロンソルノー佐藤琢磨15位 
2007年富士スピードウェイ9月30日ルイス・ハミルトンマクラーレン山本左近12位フルウェット
開催において問題点頻発(後述)
2008年富士スピードウェイ10月12日フェルナンド・アロンソルノー中嶋一貴15位 
2009年鈴鹿サーキット10月4日セバスチャン・ベッテルレッドブル中嶋一貴15位 
2010年鈴鹿サーキット10月10日セバスチャン・ベッテルレッドブル小林可夢偉7位大雨の影響により予選を午前中に開催
2011年鈴鹿サーキット10月9日ジェンソン・バトンマクラーレン小林可夢偉13位 
2012年鈴鹿サーキット10月7日セバスチャン・ベッテルレッドブル小林可夢偉3位 
2013年鈴鹿サーキット10月13日セバスチャン・ベッテルレッドブル未出走 
2014年鈴鹿サーキット10月5日ルイス・ハミルトンメルセデスAMG小林可夢偉19位フルウェット
赤旗終了
ジュール・ビアンキ事故死
2015年鈴鹿サーキット9月27日ルイス・ハミルトンメルセデスAMG未出走全車完走扱い
2016年鈴鹿サーキット10月9日ニコ・ロズベルグメルセデスAMG未出走全車完走

FSW開催時の問題点

【遅刻】

 FSWは最終日、シャトルバスの渋滞でレース開始に85人の客が間に合わないという事態が起きた。加藤社長は「チケット代、経費、泊まりの場合は旅館代などもお返しする予定です」と謝罪した。夕刊フジ取材によると、“被害”は数百人に上ったとみられる。29日も、敷地内の道路が陥没してバスが止まり、約2万人の観客を3−5時間待たせた。

【悲惨】

 川崎市に住む30代の夫婦は、7万1000円の最高額チケットを2枚購入しながら、スタートに間に合わなかった。FSW定のオートキャンプ場を午前11時に出発。バスが渋滞にはまり、運転手から「あと2時間はかかる」といわれ、徒歩で約1時間半も歩いたが午後1時半のスタートに間に合わなかった。モーターキャンプ場にも宿泊料5万円を払ったが「テントが張れる場所がなく、払い戻しなどを求めたけれど無視された」とダブルショックに見舞われた。今回は「チケット・アンド・ライド方式」を採用。自転車や徒歩さえ禁止されたが最終的に人の足に頼らざるを得なかった。

【死角】

 「見えない観客席」も出現した。指定席の仮設スタンドC席(入場料6万1000円)の観客約7000人から苦情が噴出し、3億5000万円以上が払い戻されることになった。常設スタンドとの勾配差が原因で、C席は10日ほど前に完成していたが、座席からのコースの見え方を確認していなかったという。

【お粗末】

 トヨタとFSWは大会直前、問題発生を懸念する夕刊フジ取材に「シミュレーションの結果は万全で、問題は起こらない」(トヨタの高橋敬三モータースポーツ部長)と胸を張っていた。今回のGPでトヨタは惨敗。富田会長「お客さまの声を謙虚に聞いて、システムを進化させることが義務であると感じています」。(以上、一部略)

*1:1976〜77にも同所で開催された