Hatena Blog Tags

アレロパシー

(一般)
あれろぱしい

他感作用。植物相互間(微生物を含む)の化学物質を介した関わり合いのこと。植物が生産する化学物質が環境に放出されることにより、他植物に直接又は間接的に与える作用のこと。植物や微生物の生育を阻害したり、また促進したりすることなども含まれる。例えば、針葉樹の周りに下草が生えないのは、種子の発芽阻害物質が、落葉に含まれていることによるとされる。アレロパシーを有する植物としては、マツ、ソバ、ヨモギ、セイタカアワダチソウ、クルミなどがよく知られている。
1937年、ドイツの植物学者ハンス・モーリッシュにより提唱。

 農業分野において、アレロパシーの活用法として草で草を退治することが研究されている。特定の雑草のみを抑制し、作物に害を与えない雑草防除法は、除草剤使用による処置に比べて効果は少ないが環境に与える影響が少ない「エコロジー面」で利点がある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

秋の雑草,庭の花(7)  ジュズダマとイヌホウズキ.どちらの実も色づいて秋を感じさせます.夏のジュズダマの花は,「摩訶不思議」な形態.イヌホウズキの花は,ナス属だな〜と納得させる花. 雑草の王様格二種,ヨモギとセイタカアワダチソウ.ヨモギもセイタカアワダチソウもかなり広範囲に繁茂する雑草ですが,どちらも単独と言って良い状態で生育していました.植物の植生の形成・維持を支配する要因は様々.わが家では,フジバカマが開花.秋の七草の中でも,もっとも「秋」に忠実な花の一つ.

次から次への台風到来で,秋らしいスカッとする日はなかなかやってきませんが--- 今日もまた: 秋の雑草,庭の花(7) 二つのかわいらしい実に出逢いました. ジュズダマとイヌホウズキ. どちらの実も色づいて秋を感じさせます. 夏のジュズダマの花は,「摩訶不思議」な形態で,初めから実が持っているように見えますが,青い玉の部分は包鞘(固い総苞). イヌホウズキの花は,ナス属だな〜と納得させる花.ナス属の中では結構存在感がある植物なのか,英語では「nightshade(夜のかげ 黒い実から付けられた名前らしいhttps://www.etymonline.com/word/nightshade )」とい…