マタイ

(音楽)
またい

「マタイ受難曲」の略称として使われることが多い。
その場合は、たいていの場合はJ.S.バッハの作品であることが多い。
バッハの次に有名なのはシュッツの同名作品(ルター派 楽譜はいわゆるドイツ花文字で読むのに苦労する)。

マタイ

(一般)
またい

Matthew
キリスト十二使徒の一人。7番目の弟子であり、「マタイによる福音書(マタイ伝)」を記したとされる。9月21日の守護聖人。
マタイの意味は「神のたまもの」。本名は「アルファイの子レビ」。

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」では,右から3人目に描かれている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ