宇野浩二

(読書)
うのこうじ

うの・こうじ(1891-1961)

福岡市生れ。本名、格次郎。幼時、大阪に移り、その地で育った。早稲田大学英文科に入学、広津和郎と終世の友人となる。近松秋江をモデルにした『蔵の中』でデビュー。「文学の鬼」といわれた。弟子に水上勉がいる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ