小寒

(一般)
しょうかん

二十四節気 : 冬至小寒大寒

二十四節気の一つ。旧暦十二月(師走)の節気。
本格的な寒さが始まる頃。毎年1月5〜6日頃。
天文学的には、天球上の黄経285度の点を太陽が通過する時。黄道十二宮では磨羯宮(やぎ座)の15度。
この日を「寒の入り」、この日から節分までを「寒中(寒の内)」と言い、冬の寒さが一番厳しい時期となる。
この日から「寒中見舞い」を出し始める。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ