廃藩置県

(一般)
はいはんちけん

1871年に実施された政策。
明治政府による中央集権化を図るため、諸侯が統治する全国261の藩の代わりに府県が置かれた。
当初3府302県*1がまず置かれたが、その後統廃合され最終的には律令時代の国とほぼ一致する府県にまとまられた。実質的には廃国置県であった。

*1:藩の数より多いのは天領もいくつかの県に分割されたため

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ