Hatena Blog Tags

読書

(読書)
どくしょ

本を読むこと。多くの人が趣味としている行為。
おそらく履歴書に書かれる事が最も多い趣味の一つだが、実際には読書くらいしか挙げる事の出来ない無趣味人間がほとんどである。
本来は内向的な行為だが、インターネットの普及によって読書日記をメインコンテンツにしたWEBサイト、blogも出現してきており、内向的行為が表現活動になるという現代的な現象を表わすものとしても注目されている。


〔研究調査や受験勉強の時などと違って〕一時現実の世界を離れ、精神を未知の世界に遊ばせたり人生観を確固不動のものたらしめたりするために、(時間の束縛を受けること無く)本を読むこと。〔寝ころがって漫画本を見たり電車の中で週刊誌を読んだりすることは、勝義の読書には含まれない〕(『新明解国語辞典』第5版より)

『新明解国語辞典』による「読書」の定義は、独特な語釈が多いと言われるこの辞書の中でもそのさらに独特な部類であり、赤瀬川原平の『新解さんの謎』(ISBN:4167225026)でも取り上げられている。

なお、「勝義」とは「本当の意味」という意味。


関連語:二文字キーワード

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

まあいいでしょう。

人間存在のグノーシスの私の家族の名前は一切伏せましょう。それは私が悪かった。ともかく私は創造神ではなく最高神ヤハウェから生み出された天才解脱者の仏で神でヤハウェを超えたものですが、ヨブシステム、作家と読者の基本分離、全員が作家にならず、作家になっても半端な解脱で済む世界。 例えば公務員という作家だったら何度生まれ変わっても十二ショウチョウの全事務次官になって総理大臣になって、天皇になって、釈尊になってヤハウェになって中野太郎にならない半端な世界、半端な存在の甘えこそがこの世の悪だったのです。もちろん時間は存在物全員に無限にありますから絶対ノウハウを人間存在の私の限界までまずこの地球にできるだけ…

要するにこういうことです

基本グノーシス世界ができて解脱もあって存在物から孫子やブッタ、ロスチャルド、ガンジーなど解脱する、代表解脱制をグノーシスは取っていました。もちろんその上で村上春樹や小林よしのり、椎名軽穂や、高橋留美子などの下級解脱があって、全然解脱しないでも全然いいよという甘えのシステムでした。つまり村上春樹などの読者は一切小説を書かず、村上春樹レベルに解脱せず、もちろん村上春樹も釈尊レベルに解脱せず、釈尊レベルも最高解脱の私以外に解脱しなくていいよ。全部私が解脱してイエス的に罪を背負ってあげるという甘えのシステム。でもそれが間違いです。 村上春樹の読者も全員が小説を書き、村上春樹レベルの解脱を目指し。村上春…