龍造寺隆信

(読書)
りゅうぞうじたかのぶ

戦国大名。肥前の人。(1529年〜1584年)
もともとは分家の一つ、水ケ江龍造寺家の当主だったが、さらに宗家の家督も継ぐ。
大内氏の支援を受け*1て少弐氏や大友氏と戦って肥前を統一。
さらに義兄弟鍋島直茂の補佐を得て勢力を拡大、「五州二島の太守」となり、大友氏、島津氏とならぶ九州三大勢力となる。
だが有馬氏を攻めたが、救援に現れた島津勢と戦い、沖田畷で島津氏に敗れて戦死した。

*1:もともとの名は胤信だったが、大内義隆の偏諱を受けて隆信と改めた

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ