キリシタン大名

(一般)
きりしたんだいみょう

戦国時代にキリスト教を信仰した大名。
 フランシスコ・ザビエルは日本における布教活動において、大名に対する布教も積極的に行った。
実際に教えに感銘を受けて洗礼を受けた大名もいたが、宣教師が布教の見返りに南蛮貿易や武器の援助などを提示するケースもあり、大名側もこうした積極的な利益を得ようと、入信したケースも散見される。一般的にキリシタン大名の領地はキリシタン比率が高かった。
 豊臣秀吉の伴天連追放令以降、キリシタン大名の多くは棄教し、信仰も守る大名は改易された。

主なキリシタン大名

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ