耳川の戦い

(社会)
みみがわのたたかい

耳川の戦い(みみがわのたたかい)

1578年、日向高城川原で起った大友宗麟軍と島津義久軍との間の合戦。大友宗麟は九州最大の敵島津氏を討つべく日向への侵攻を開始、小丸川を挟んで対陣した。結果、大友勢は総崩れとなり本国豊後へ敗走したが、耳川の河畔で追撃され大敗。島津氏は日向を支配下に納め、肥後方面へ北上、勢力を拡大した。大友氏の衰退により竜造寺隆信が台頭、九州の覇者を賭けて竜造寺氏と島津氏とが激突することになる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ