スマートフォン用の表示で見る

ピグマリオン効果

一般

ピグマリオン効果

ぴぐまりおんこうか

[英] Pygmalion effects

ピグマリオン効果とは、人間は期待された通りに成果を出す傾向があることを指す。別名、教師期待効果、ローゼンタール効果とも呼ばれる。

1964年アメリカ合衆国教育心理学者ロバート・ローゼンタールがネズミを用いた実験で、「このネズミは利口なネズミの系統」と学生に伝えたネズミと、「このネズミは動きが鈍いネズミの系統」と学生に伝えたネズミとの間で、迷路による実験結果の差を調べたところ、「利口なネズミ」と伝えられていたネズミのほうが結果が良かったという実験結果が得られた。

この結果から、教師の生徒に対する期待や態度が、生徒たちの知能や学習の意欲に大いなる影響を与えるということが発見され、ギリシャ神話に因んでピグマリオン効果と名付けられた。

なお、ピグマリオンとは、昔、ギリシャキプロス島にいた彫刻の上手な王のこと。ある日、自分自身が象牙に刻んだ理想的な女性の彫刻像に、恋をしてしまった。この彫刻像を、生きた女性に変え、妻にしたいと熱烈に祈っているうちに、愛と美の女神アフロディーテがこの願いを聞き入れて、その彫刻に生命を与え人間にしたという逸話がある。

関連キーワード

ゴーレム効果