ホンビノス貝

動植物

ホンビノス貝

ほんびのすがい

 ホンビノス貝は、北アメリカ大陸東岸のほぼ全域で見られる貝で、日本に来たのは、船のバラスト水に混じって東京湾に来たらしい。1998年以降東京湾で普通に見られるようになった。定着した外来生物

 アサリハマグリといったマルスダレガイ目の仲間で、食味もこれらに似ている。アメリカなどでは普通に食べられる貝である。

   右ホンビノス貝、左アサリ