スマートフォン用の表示で見る

ルイボスティー

ルイボスティー

るいぼすてぃー

お茶の種類の一つ。

ルイボス(;RooiBos=Redbush′現地の言葉で「赤いかん木」の意味)は

もともと南アフリカ先住民が自生している植物からお茶をつくって、

「不老長者の飲み物」として飲んでいたものである。

ヨーロッパに紹介されたのが1905年といわれているため、ヨーロッパには古くから知られていた。

しかし、ルイボスティーが日本に入ってきたのはまだ15年程度。

成分は、良質のミネラルをはじめ、プロテインやフラボノイド等、抗酸化物質が含まれていて

健康に良いとされている。

水色(すいしょく)は赤みを帯びている。味は甘味があり、ミント風。