スマートフォン用の表示で見る

宇多天皇

読書

宇多天皇

うだてんのう

平安時代初期〜中期にかけての天皇。亭子院帝、寛平法皇などとも呼ばれる。名は定省(さだみ)。

貞観九(867)年生、承平元(931)年崩御践祚仁和三(887)年、退位寛平九(897)年。

光孝天皇の第七皇子で、母は桓武天皇の孫、仲野親王の娘である班子女王。

元慶八(884)年に父光孝天皇即位すると二ヵ月後に源朝臣を賜姓され臣籍降下。しかし、仁和三(887)年に父が臨終となると皇位継承者に決まり、崩御当日に立太子、即日践祚

即位早々、藤原基経関白として政治を一任しようとしたが、勅答文中にある「阿衡」の用語をめぐり藤原基経と対立、苦杯をなめる(阿衡の紛議)。その後、菅原道真を重用して藤原氏との溝を深めた。

寛平九(897)年に長子の敦仁親王(醍醐天皇)に譲位し皇統を確立するが、延喜元(901)年に菅原道真失脚に際しては醍醐天皇-藤原時平の意図を妨害できず発言力を失う。

昌泰二(899)年に仁和寺(世界遺産)で出家して法皇となり、仏道に励み、御室の法流を開く。

著作には『寛平御遺誡』や逸文ではあるが日記もある。

后妃と子女