スマートフォン用の表示で見る

感情労働

一般

感情労働

かんじょうろうどう

“Emotional Labour”

社会学者ホックシールドによって提出された概念(原著出版は1983年)。

対人サービスにおいて、「適切とされる感情の維持と表現」が、重要な職務要素となること。

感情レベルにおける、「管理された労働行為」。