感情労働

(一般)
かんじょうろうどう

“Emotional Labour”
社会学者のホックシールドによって提出された概念(原著出版は1983年)。
対人サービスにおいて、「適切とされる感情の維持と表現」が、重要な職務要素となること。
感情レベルにおける、「管理された労働行為」。


管理される心―感情が商品になるとき

管理される心―感情が商品になるとき


このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ