浄土真宗本願寺派

一般

浄土真宗本願寺派

じょうどしんしゅうほんがんじは

浄土真宗の一派。宗祖の親鸞聖人墓所である大谷本廟を発祥とする本願寺西本願寺)を本山とする宗派である。経典は浄土三部経仏説無量寿経仏説観無量寿経仏説阿弥陀経) 。

宗祖の見真大師親鸞聖人が初代門主であり、歴史的経緯から見れば浄土真宗真宗)の本流となる宗派である。1602年に徳川家康は教如に京都本願寺の東へ寺地を寄進したことにより本願寺の東に寺領を与えられ、これにより長男教如を12世門主とする東本願寺真宗大谷派)が独立した。