スマートフォン用の表示で見る

他力本願

一般

他力本願

たりきほんがん

衆生を救済する、阿弥陀如来の本願。また衆生がその本願にすがることを指す。四字熟語

転じて、自分で努力せず、他人からの助けに期待することとして使われる。しかし浄土真宗はこの言葉がこの語義で普及していることを嘆いているらしい。