スマートフォン用の表示で見る

萩原朔太郎

読書

萩原朔太郎

はぎわらさくたろう

詩人、(1886-1942)、群馬県前橋市出身。

室生犀星と「感情」を創刊。特異な感覚の新しい口語詩の世界をひらいた「月に吠える」に始まり、虚無と倦怠の「青猫」を経て文語詩「氷島」に至る詩業は、近代抒情詩の頂点といわれる。他にアフォリズム「新しき欲情」、評論「詩の原理」など。

なお、小説家・ダンサーの萩原葉子は娘、映像作家の萩原朔美は孫。

また、片山恭一先生のベストセラー『世界の中心で、愛をさけぶ』の主人公は、萩原朔太郎にちなんで、「朔太郎」と名づけられた設定になっている。