スマートフォン用の表示で見る

2型糖尿病

サイエンス

2型糖尿病

にがたとうにょうびょう

 「糖尿病」と診断される人の95 %が2型糖尿病である。

 過食、肥満運動不足、遺伝、飲酒、喫煙、ストレスのうち、複数の要因によって、膵β細胞が疲弊したり筋や肝での糖利用が低下する。すなわち、インスリンの生理的分泌や効果が不足する。その結果、血中のブドウ糖が過剰になり、尿中に糖分が排泄される。

 血糖値を上手くコントロールできれば、普通の人と同じ生活ができる。逆に、血糖値が年余に渡り高ければ、壊疽、失明、腎不全に対して人工腎臓脳梗塞狭心症心筋梗塞認知症歯周病合併する。

 発症数年間は、患者が困る自覚症状はあまり出現しない(夜間尿くらい)ので、治療の必要性を理解できないと、治療がうまくいかない。

 治療法は、食事療法運動療法が王道で、次いで経口薬の服薬をする。それでも改善に乏しいとき、また膵を保護する目的で、人工的に生産されたインスリンを注射で補充することもある。以前は、インスリンは希少で高価だったので、合併症が末期的な患者に使われることが多かったし、注射の手間を嫌う患者からは敬遠されているが、より良好なコントロールを得るために、早めにインスリン使用を開始することが推奨されている。

 日本では2009年にGLP-1誘導体が販売開始されそうで、これは、低血糖発作の頻度・食欲を抑え、膵β細胞を増殖させるかもしれないと期待されている。