Hatena::ブログ(Diary)

椋箚記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2013-11-10

2013-09-07

大学クラブの飲酒封印への流れ

 先月の21日に一橋大学神戸大学大阪市立大学の各合気道部OB会の関東での年一回の会合に参加してきた。場所竹橋駅の近くにある如水会館一橋大学のOB会組織がお持ちの立派な施設で。私はこの週はずっと麹町近辺で研修受講だったので余裕をもって参加できるはずが、勤務先から電話がしきりにかかってきて一番最後に伺う有り様となった。

 当日一橋大学の如水合気道友会の幹事長をされている先輩に出席頂いていたが、私が大阪市合気道部の一回生だった時の一橋大学合気道主将を務められていた方で、懐かしくもあり背筋を伸ばさざるを得なくなった。

 一橋大学合気道部は小平国際キャンパス道場をお持ちだが、このたび建て替えが具体化し少林寺拳法部と共同でOB会で寄付金を募りめどが立ちつつあるというお話しを伺った。私の場合回生と三回生の時に一橋大学だったが、この時は小平キャンパス道場ではなく、国立キャンパス柔道部道場を使っていた。その後OBになって1997年だったかに一度東京で参加しているが、その時もまだ国立だった。近年は逆に専ら小平にお邪魔している。近年のOB・OGにしてみればこちらの道場の方が懐かしいということになるのだろうとおもう。今年は一橋大学旧三商大戦を行う予定であり、建て替え前の道場での稽古最後になりそうであると伺った。

合同稽古終わり。あちい。 #aikido

 2011年10月に旧三商大戦の稽古に伺った時の小平キャンパス合気道道場

 稽古中

 それはさておき、今後旧三商大戦のような合同練習などでは、学生が酒席を設ける事は慎むような方向になりそうだ……という話が、これも一橋大学幹事長をされている先輩からお話しとしてあった。OB会から現役生に慎むよう提言してほしいというような話が出ているということだし、関東私立大学においては既にそのようになってきているとも言われていた。

 先般ニュースで目を惹いた野尻湖合宿中の吹奏楽部部員が飛び込んで……という死亡事故飲酒は無かったという調査結果報告だったそうだが、飲酒による死亡事故は今も起きている。


急性アルコール中毒等による大学生の死亡事例(2001〜12) | イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン2012 急性アルコール中毒等による大学生の死亡事例(2001〜12) | イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン2012


 これを知って無理な飲酒を勧めるならば「事故」ではなく「過失致死」でもなく「未必の故意」はある、ということになる。体育会系クラブから私も振り返ると酷い飲み方をさせられたりしたりは、ある。だからといって今後もそれを続けるかと問われると、否と答えざるを得ないのだと、改めて認識する事となった。

 酒席で覚えることも無いではないから法律飲酒が認められる年齢になったあとはそれなりの経験を積むことも必要な気もする。私の頭の片隅には、その役割の一端を大学クラブが担っても良いかもしれないという思いがまだ巣食っているのを感じるのだが、事故が続く現実を目の当たりにすると多くのクラブサークル若いひとを上から育て引き上げるような力は組織として持っていないというのが本当のところではないだろうかと考えなおさざるを得ない。

 さらに言えば若い年代ほどそれほどお酒を飲まなくなってきているような統計も記事になっていたりする。記事になるのは酒類メーカーや卸店の経営が大変だ、というような文脈のようで、ただの酒飲みな消費者としては特段の興味も持たずに読み飛ばしているのだが、酒席が主要なコミュニケーションの場だ、というようなこともなくなってきて、より多様な場面でコミュニケーションを取れる能力こそ今後求められるような気がする。

 そう考えると、私が勤務であれ私生活であれその場における優先順位に気を配るようなことが曲がりなりにも出来るようになったのは、大阪市大の師範道場である天之武産塾道場師範代から叱られた経験だったりするのを思い出す*1。ああい「教育」こそ普遍的に役に立つのかではないだろうか。道場子供達に姿勢や礼についてうるさく言うのも然り。酒席での振る舞いなどというのは本来、老若男女が居られるような地域の集まりなんかで覚えるのが正しいのかもしれない。

 今年の旧三商大戦の打ち上げは穏やかなものになるのだろうか。今回列席頂いたわが大阪市大の先輩からは、旧三商大稽古のなかで、OBが指導する時間を設ける、といった試みはどうだろうか、という提言を頂いたのだがそんな試みの方が合同稽古の主旨に相応しいかもしれない。卒業して二十年以上経つOBとしては自分たちが飲む打ち上げについても楽しみにしておきたいのだけれど。

*1とかいいながら私は年功序列とかうざってぇ、等とすぐに思ってしま人間でもあるので、身近に見ているひとは言行不一致ではないかと思われるかもしれない。そう思われたとしたら一言も無い。

2013-08-31

馬込辺りの秋祭り

2013年9月以降の更新はてなブログ椋箚記 にて行っております




 8月も末。夏休みの終わりで子供達は残念がり、母親たちはやっと解放される安堵感を漏らす。うちの場合妻は塾の弁当作りが再開する点について若干難儀がってはいるが。

 同時にあちこちで秋の例大祭が始まった。この週末は大森熊野神社お祭りで、明日大神輿渡御があるようでバスの運行が変更になると東急バスに乗った時にアナウンスを流していた。

 お祭りにどれだけ行けるか分からないが、予定も含めて書いておく。去年も同じような事をテーマに書いているので馬込にいる限り恒例記事になるだろうか。


2013年8月30日9月1日 大森山王熊野神社 例大祭


2013年9月7日(土)〜 8日(日) 旗岡八幡神社 例大祭

 北馬込のさき、品川区に入った荏原町旗の台辺りのお祭り。8月の末には荏原町商店街には提灯があがった。

旗岡八幡様御祭礼の準備

 7日の土曜日は昼から、8日の土曜日は午前10時と昼からの2回、神輿山車商店街を巡行するとのこと。

f:id:mukunokiy0725:20130904200936j:image

 7日は勤務が入っていたので帰宅途中にお参りしてきた。もちろん御神輿の巡行の時間ではないが、境内の賑いはさすがだった。

f:id:mukunokiy0725:20130907204436j:image

 初詣だけでなくお祭りの時にもきちんとならんで本殿に参るという光景東京でよくみる気がする。そういう振る舞いにはなんというか、敬意を覚える。私が本殿まえで御参りの順番を待って並んでいる時、後ろに並んでいる私よりは若いかもしれないが三十代ではありそうな子連れの御主人が「もっと横に広がっていけばいいのに。横から追い越しちゃいけないのか」などと興醒めな事を口にし、さらには屋台をみて「カルメ焼きって何?」と言っていたのできっと私と同じ西日本地方出自の方ではないのかなぁ、と可笑しくなりながら黙って聞いていた。

f:id:mukunokiy0725:20130908004555j:image

Miniature shrine


 立会川緑道から駅、法蓮寺、旗岡八幡の方をみた景色右手紅白の幕で飾ってあるのは荏原町商店街会館。明日も御神輿山車の巡行で商店街は賑やかだろうとおもう。

f:id:mukunokiy0725:20130908004219j:image


2013年9月14日(土)〜 15日(日) 馬込八幡神社 例大祭

 南馬込の他の神社も同じ日程でお祭りがある。八幡神社御輿渡御馬込本通りバス通り)を中馬込北馬込まで渡御されるようだが、他にも御輿が出るような案内もある。まとめてみた。

 北野神社は上記の通り15日に御輿渡御子供山車がある。子供山車については以前書いたことがあるので下記を参照頂ければとおもう。

2013-08-26

馬込東急ストアの閉店

 数ヶ月前から西馬込にある東急ストアが閉店してしまうらしい、という噂を聞くことがあったがあまり本当にしていなかった。それが現実のものとなり、2013年8月末日を以って閉店すると正式に発表された。うちなどは精肉の買い物では結構利用していたので意外であり、残念でもある。

 浅草線西馬込駅の近くのスーパーマーケット、ということになるのだが、西馬込駅の改札前には文化堂がある。文化堂は今年店内改装し明るい雰囲気になった。僅かな差とはいえ駅からの近さでは勝てなかったとみえる。実は文化堂、改装レジ会計方法が変更になった。商品をスキャンして確定するのと、確定した代金を支払うという二段階になっていて、うちの家内などはこれを何となく嫌がっている。だから駅に近いという以外の点で馬込東急ストア文化堂に遅れを取っているようなイメージは持っていなかった。

 むしろ自動車ちょっと買い物に、という場合馬込東急ストアスーパーキタムラドラッグぱぱす、OKストア仲池台店といった店舗に遅れを取っていたのかとはおもう。馬込東急ストアは道向いに駐車場はあるが少し狭く、かつ駐車券サービスカウンターに持っていくとか手続きが少しばかり面倒くさい。うちも自転車で買い物に行くことの方が多かった。同じ東急ストアでも上池上東急ストア久が原東急ストアなどは二階と屋上に無料駐車場がありかつダイソーしまむらなど入っている専門店とあわせて用が済むことがあるので少し遠いながらも行ったりする。馬込東急ストアもしかして比較的古い店舗で、他に久が原など新しく出店したいま撤退もやむを得ない判断なのかもしれない。私は馬込に来た2005年より前のことは知らないのだが。

 本日少しだけ時間があったので馬込東急ストアを覗いてきた。

f:id:mukunokiy0725:20130826104803j:image

 家内からは100円ショップコーナーが既になくなっていること、棚も少しづつ減ってきていることは聞いていた。なお、家内が行った時には空調があまりきいておらず、生鮮品はこれで大丈夫なのかしら、閉店が決まったからかしらと不審に思ったのだそうだが、今日はそんなことはなかった。空調が本当に調子が悪かったのかもしれない。

 生鮮品は棚も従来通りだが、ワゴンの数はちょっと減らしてレイアウトを変えておられるようだった。日用品雑貨は割引きが始まっていて家内が言う通り棚が空いていていた。ウェブサイトには「【営業時間変更のお知らせ】2013年8月31日(土)は17:00閉店とさせていただきます」とだけあって閉店についてはひとことも触れられていないのだが、おそらく残り数日で申込し売り切りのための割引きが行われるのではないかとおもう。

f:id:mukunokiy0725:20130826235116j:image


閉店後 2013年9月12日の補足

 馬込東急ストアについて、以前のことも含めて教えて頂いたので補足で引用する。

 そういえば競合他店について、イオン系列ミニスーパーまいばすけっとがすぐ近くに出来ていたのを失念していた。車での来客についてはあまり関係しないだろうが、開店している時間東急ストアより長く徒歩や自転車の来客についてはやはり馬込東急ストアの売上に何らかの影響はあったと推測される。

ジョイマートユニー」という店舗群が、名古屋が本拠のGMSユニーグループ内にあったので反応してしまったのだが調べても馬込店について出てこないので、別もののようにも思われる。

 ここで話は逸れて臼田坂下にあったジェーソンに話が行く。店舗がいろいろ入れ替わりがあったことはある程度話では知っていたが、より詳しく教えて頂いた。併せて引用しておく。ジェーソンも結局2011年2月13日に撤退し今は新しく介護グループホームが建てられて運営されている。

2013-08-25

この夏我が家的日本武道館

 テレビではチャリティテーマにしていると称している番組舞台となっている日本武道館、今年はもう二回子ども達と行っている。一回目は2013年5月25日に全日本合気道演武大会、次男と。二回目は7月21日に全日本少年少女合気道錬成大会長男と。ちょっと記録を残しておく。

 全日本合気道演武大会は塾の試験だったかと重複した長男は無理せずに欠席。

The 51th All Japan #Aikido Demonstration

 次男は大田区合気道会の演武をつとめたあと最後まで残っていたが、電車で行ったこともあり疲れてしまったらしい。帰り途中で寝てしまい、駅を降りるときに起こしたことでとても不機嫌になった。たまたま、いつも私が診て頂いている荏原町のパルモ整骨院さんが土曜の午後に診察を休んでくじ引き大会を催されているのを覚えていて寄ったところ、何等だったか良い商品をあてて機嫌を治すことが出来てとてもありがたかった。その時にくたびれたのが頭に残っていたのか、錬成大会は欠席すると言う。それでも日本武道館メダル製造機で記念のメダルを作り、記念品の手拭いをヘッドバンド代わりに気に入って使うなどそれなりに楽しんだようではあった。あのメダル製造機、私が子供の頃から観光地にあるような気がするが、まさか自分の子供に買ってやるようになるとは思わなかった。

 かくして少年少女錬成大会長男を連れて電車で行った。

f:id:mukunokiy0725:20130721125137j:image

 わずか2年の差だが、小学五年生になるとこれくらいの電車移動は大丈夫だったようだ。次男にはメダルを買ってやっていたので何か買おうかとしたが、長男特に何もいらんと言う。その代わり東京駅経由で行き帰りした際にセブンイレブンアイスクリームを書い、東京駅舎をバックに写真を撮って帰ってきた。錬成大会は本部道場師範指導による稽古で、肩持ちからの二教など普段大田区合気道の子供の稽古ではあまり取り上げない技が出たりして、苦労しているのを観客席からみていた。同じ道場で見ていたら確実に口を出してしまっていただろうが、こういう経験もしておいた方が良かっただろうとおもっている。合気道稽古に限らないことなので。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。