Hatena::ブログ(Diary)

弯曲していく日常(はてなblogに転居済み)

中国民主化を考える
グループ「従軍慰安婦問題を論じる」 
はてなグループ「(仮称)仮装被告団〜刊行委員会」を開始しました。
20040402射殺された北朝鮮難民の徹訓(チョルフン)くんを忘れるな!参考
三月  桧森孝雄を追悼する  わたしたち  (参考)

2019-01-17 普通・無知であること

普通・無知であること

ところで私はずっと、twitterなどで、ネトウヨネット右翼)という人々と「論争」しています。彼らはおかしなことに必ず、「右でも左でもない」「ふつう」と名乗りたがるのです。

このことについて、次のようにツイートしてみました。


日本人は「普通・無知であることは、右や左の知識人より偉い」という強固な思想があるようだ。これは本居宣長から小林秀雄吉本隆明まで流れている。

あるいは、ブッダから千葉雅也まで。

3000年の歴史があるから、洗練されているし、無敵。問題は無敵すぎて馬鹿がふりまわすこと。


これに関連して、とても重要であると思うのは、紹介された梶山本(『空の論理「中観」―仏教の思想』)に次のようなところがあったことです。

「愛着と怒りと愚かさを離れるからこそ解脱がある、というシャーリプトラの考えに対して、天女は、愛着と怒りと愚かさとを離れて解脱するというのは、慢心のあるものに対して説かれたのです、慢心のないものにとっては、愛着と怒りと愚かさの本性がそのまま解脱なのです、と説く。維摩経

「愛着と怒りと愚かさを離れる」という仏教の教義に対して、それに囚われること、それに自己が価値を見出して固定的な尺度として他人要求することを、維摩という人が厳しく批判したわけですね。非常にらんぼうな感想ですが、「本居宣長から小林秀雄、吉本隆明まであるいは、ブッダから千葉雅也まで」言っていることはこれに共通するような気がしました。正論を批判することの方が、インテリの一部ではむしろ主流になっている。


しかし実際には人間である以上まったく「慢心のない」ということはありえない。「愛着と怒りと愚かさ」の即自性を肯定すると、強者の抑圧構造を批判しない結果になる。現在の日本社会は、リベラリズムとマルクシズムの退潮後、ネオリベとポモの蔓延により、批判が消えている状態、ではないか。

というような感想です。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2019/01/17 22:31 >野原燐がリツイート
・田房永子
‏ 「乳幼児は母親と一緒にいるのが一番」みたいなこと言って暗に「働いているあいだあなたの子どもさみしがってますよ」みたいなこと言って、子どもを人質にとって本当にひどすぎる 私の子どものさみしさを代弁するお前は誰なんだよ
(引用終わり)

 おいおいですね。「朝鮮学校無償化除外は朝鮮学校生のためを思ってる」と勝手に代弁者面する三浦小太郎に向かって「勝手に他人の気持ちを代弁するお前は誰なんだよ、三浦!」と三浦批判一つしない、出来ない野郎が良くもふざけたリツイートが出来たもんです。
 つうかさ、野原君ってまともな論理的思考能力はあるの?

noharranoharra 2019/01/27 22:32 id:bogus-simotukare さま
はてなblogに転居しました。あちらはシモツカレ氏コメント禁止にしました。

2019-01-16 沖縄米軍基地拡大反対

沖縄米軍基地拡大反対

戦後神道界と沖縄─昭和30年代沖縄「島ぐるみ闘争」に呼応した葦津珍彦と青年神道家たち

花瑛塾(かえいじゅく)のブログに、昭和31年[1956]6月30日付「神社新報」葦津珍彦の文章が紹介されているので、ここで引用したい。

http://kaeizyuku.com/2018/12/16/19560630/

葦津は、沖縄では既に4万エーカーの土地が米軍基地として接収され、5万戸25万人の人々が土地を失ったとし、さらにこのたびの「プライス勧告」によって米軍基地の新規接収・拡大が認められ、その接収地の地代を一括払い、つまり事実上の買い上げ(固定化)が目指されていることについて、「アメリカ人の土地利用は、余りにも乱暴で贅沢すぎる」「島民としては到底きかれない勧告である」と米軍の横暴に憤り、沖縄の人々の過酷な状況へ思いを寄せている。


 なかでも葦津は神道家として、沖縄における伝統祖先祭祀の要である「墓」に着目し、これらの墓が接収され改葬する間も無くブルトーザーで潰されていくことに深い同情を寄せている。そしのんちゃん@nogitama

昭和30年代の神道家たちは、沖縄への深い思いと敬意があった。沖縄戦と基地問題に対してしっかりとした認識があった。日本政府の冷酷な沖縄への仕打ち理解せず、心を寄せられない人々が「保守」などと名乗る現状に、葦津や当時の青年神道家の沖縄論をもって抗していきたい。て墓が潰され、「痛恨の情、禁じがたい島民の目の前には、広々としたゴルフリンクやテニスコートや娯楽用のドライヴ・ウエーまでが造られて行く」と沖縄の現状を告発している。


 また葦津は、記事執筆の10年前に沖縄で戦われた熾烈な沖縄戦を紹介し、日本軍が沖縄の人々を過酷な状況に追いやったことに触れつつ、「この島の人たちは、文字どほり死力を尽くして米軍と戦ひ抜いた人々のみである。それだけにあまい考へはない。抵抗の決意は、沈痛にして強固である」とし、「島ぐるみ闘争」へ敬意を表す。

1950年代の半ば、つまり戦後のどさくさで占領され基地拡大されつづけた沖縄に対して、本来なら日本国家が、沖縄返還、基地縮小を強力に働きかけるべき時期でした。しかしそうしたことはありませんでした。反対に、「「プライス勧告」によって米軍基地の新規接収・拡大が認められ、その接収地の地代を一括払い、つまり事実上の買い上げ(固定化)が目指さ」れたわけです。葦津がその直後に、きびしくそれに反対したことは、評価されるべきでしょう。


そして苛酷な沖縄戦のサバイバーに対して、巨大な災難の生き残りという評価ではなく、「日本のため死力を尽くして米軍と戦ひ抜いた」と愛国大義を高く顕彰します。強大な軍事力に対して真正面から抵抗することの困難を乗り越えた勇気を評価しているのだ。また、そのような人々を事実上見捨てている、本土の現状を批判しているとも読めよう。


沖縄戦に巻き込まれた沖縄の民衆を「日本のため死力を尽くして米軍と戦ひ抜いた人」と評価すべきかどうか。日本軍など来なければ戦争もひょっとしたら、ここには、来なかったかもしれないと感じていた、非愛国的な人もいたかもしれない。日本軍によってスパイ扱いされたり、ガマから排除されたりした人も居たことは知られている。しかし愛国的な人もいたであのんちゃん@nogitama

昭和30年代の神道家たちは、沖縄への深い思いと敬意があった。沖縄戦と基地問題に対してしっかりとした認識があった。日本政府の冷酷な沖縄への仕打ちを理解せず、心を寄せられない人々が「保守」などと名乗る現状に、葦津や当時の青年神道家の沖縄論をもって抗していきたい。ろうし、右翼としては少なくとも彼らの志しとその犠牲を真正面から讃えるしかないだろう。

しかるに、本土の右翼はそうした問題を直視することを戦後70年ずっと、避けてきたのではないか、と思われる。その例外が上の葦津珍彦であろう。


シモツカレ氏の1bit脳を再確認する。

https://twitter.com/nogitama/status/1084435031890681856 こののんちゃんという方のツイートに対して、

「昭和30年代の神道家たちは、沖縄への深い思いと敬意があった。沖縄戦と基地問題に対してしっかりとした認識があった。」の部分を、シモツカレ氏は引用ます。

「1)id:noharra(野原燐)とその類友が「本心かどうかはともかく」安倍政権の沖縄政策を批判

2)そのため「理屈上」安倍を容認する「現状の」神社本庁を批判せざるを得ない

3)しかし神社本庁を結局かばいたいがゆえに「昔は神社本庁はまともだったんだ」と強弁してることがわかります。」と批判します。


私ものんちゃんも「昔は神社本庁はまとも/まともじゃない」とかいうことは一言も述べていないですね。にもかかわらず、シモツカレという人は、「神社本庁を結局DISりたい」というだけの、文字通りそれ以外にない「1bit脳」の人なのでしょう。私ともう一人を「神社本庁を結局かばいたい」のだと決めつけて、上のように展開するわけです。

10年以上、netで発言を持続しているにしては、あまりにオソマツというしかありません。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2019/01/17 22:25 人を「1ビット脳呼ばわり」とはいつもながら本当に無礼な野郎です。

>「日本のため死力を尽くして米軍と戦ひ抜いた」と愛国の大義を高く顕彰します。

 冗談も大概にしてほしいですね。集団自決を強要された沖縄の人間からすれば葦津やid:noharra(本名は書くなと通称・野原燐が泣き言を言い、コメント削除を強行してるので今後は書かないことにします。そもそも本名を自分から明かしたのは通称・野原燐本人なのですが)のようなクズ右翼には「米軍と戦った愛国者だから支持するのか。米国の行為が無法だから我々を支持するんじゃないのか!」「勝手に愛国者レッテルを貼るな!。手前らウヨに愛国者扱いされるためにこちとら生きてるんじゃない!」と激怒するんじゃないか。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2019/01/17 22:27  こんな葦津と「その類友」のようなクズ「神社右翼」のどこが「沖縄戦と基地問題に対してしっかりとした認識」なのか。繰り返しますが「冗談も大概にしてほしいですね」。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2019/01/18 00:29 http://d.hatena.ne.jp/bogus-simotukare/20080724#c
>野原さんて妙に神社本庁とか神道に好意的ですよね。

 神社大好きの「神社右翼」なんでしょうねえ、やはり。まあ、そういうこといって神社本庁をかばうのなら、id:noharraは朝鮮学校の「民族教育としての意義」でも認めたらどうなんですかね。正直、俺は神社本庁なんかよりずっと朝鮮学校の方が価値があると思いますよ。神社なんかなくても仏教、キリスト教、他に宗教はいくらでもあるし。
 神社なんか滅びた方が日本のため、世界のためじゃないか。遅くとも明治以降の国家神道からは、神社には「ISやオウム真理教といった反社会カルト並みの害悪」しかないと思いますね。
 というとid:noharraのような輩は「神社を馬鹿にするな」とマジギレでしょうけど。

2019-01-02

中論』最後の部分メモ

『中論』(ちゅうろん)、正式名称『根本中頌』(こんぽんちゅうじゅ、梵: Mūlamadhyamaka-kārikā, ムーラマディヤマカ・カーリカー)は、1800年ほど前、龍樹によって書かれた。

ウィキペディアに目次がある。中村元氏によるサンスクリットからの翻訳が、講談社学術文庫『龍樹』に入っている。76頁ほどのものなので長くはない。しかしだいぶ前から読み始めて読み終わらない。あと、23頁さっさと読んでしまおう。


第22章「如来の考察」(全16詩)(「如来」(修行者の完成形)の非自立性を帰謬論証)

1.如来は五蘊でなく、五蘊と異なるものでもない。

こういう文章ばかり並ぶので「読めない」のだ。ただまあ、お前はお前の身体なのか、そうではないのか?と言われれば一瞬は答えに詰まる。

6〜7.如来というのは自由なものみたいにイメージされる。自由なものは存在の構成要素に執着して取ることなどない。しかし構成要素を執着して取ることがないなら、存在しない。ことになる

14.如来はそれ自体としては空である。


第23章「顛倒した見解の考察」(全25詩)(「浄」と「不浄」、「顛倒」の非自立性を帰謬論証)

1.貪欲と嫌悪と愚かな迷い、というものが人間の現実なんでしょう。でそれは〈顛倒・てんどう〉による。

「倒錯した現実へのなしくずし感覚の根底にある自然さを、どのように粉砕するのか。」というのが松下昇の言葉だった。似ている。

2.アートマンの存在と非存在とは、いかにしても成立しない。>これが飲み込めない。

8.色かたちと音声と味と触れられるものと香りと思考されるものとは、陽炎や夢のような物。

24.実在するもろもろの煩悩が誰かに属しているのなら、それを捨てることができるだろうか?>実在するある煩悩が私を苦しめているから「それを捨てることができるだろうか?」という問いがやってくる。違うのか


第24章「四諦の考察」(全40詩)(「四諦」等の非自立性を帰謬論証)

1.四諦は初期仏教の精髄だよね。龍樹が言うように「一切が空」なら、四諦は成立しなくなる。(と反対者は言う)

5.空を説くことは、仏・法・僧を破壊することだ。(と反対者は言う)

8.ブッダは二種類の真理、世俗諦と第一義諦を説いた。>石飛氏のまとめでは、a.世俗諦=虚妄な法=十二支縁起の順観。b.第一義諦=虚妄ならざる法=十二支縁起の逆観。p73『ブッダと龍樹の論理学』18.どんな縁起でも空だ。それは仮に設けられたものであって、すなわち中道である。

何でも、縁起して起こった。つまりいかなる不空なるものも存在しない。>たぶん、自性を否定することは、「それ」を否定することではない。だから「1」の非難はなりたたない。

40.縁起を見るものは、すなわち苦、集、滅および道を見る。


第25章「涅槃の考察」(全24詩)(「涅槃」の非自立性を帰謬論証)

4.ニルヴァーナは有ではない。

10.有にあらず、無にあらず。


第26章「十二支縁起の考察」(全12詩)(十二支縁起、及びそこへの自説の関わりの説明)十二支縁起(ウィキペでは十二因縁):無明、行、識、名色、六処、触、受、愛、取、有、生、老死の12個。

12.これらの、それぞれ前のものの滅することによって、それぞれ後のものが生じない。このようにして、このたんなる苦蘊は完全に滅する。(無明が滅すれば志向作用(行)が滅するなど。逆観)


第27章「誤った見解の考察」(全30詩)(「常住」にまつわる諸説を再度批判しつつ総括)

3.「過去世において、われはあった」は成立しない。4.前世のわたしと今のわたしは別の五蘊を持つ。6.執着のもととなるもの(五蘊)は消失し、また興起する。

8.前世のわたしは執着のもとと異なったものでもないし、また執着のもとと同一でもない。9.アートマンは以前には存在しないでいま生起したのではない。(日本人が苦手な輪廻肯定

13.「過去においてわれはなかった」とか「過去においてわれは有った」とか「われは両者であった」とか「われは両者でなかった」とかいうこの見解は成立しない。

30.まで (終わり)

bogus-simotukarebogus-simotukare 2019/01/07 21:18 >マッカーサー二世大使(マッカーサーGHQ司令官の息子)
 というのは勘違いだったので訂正しておきます。マッカーサーGHQ司令官の甥ですね。

noharranoharra 2019/01/08 16:05 id:bogus-simotukare さま
「横田が最高裁判所長官として米軍駐留を正当化した砂川事件の判決を下した事」は間違いですか。調べて訂正します。
ご意見ありがとう。

noharranoharra 2019/01/08 16:15 シモツカレコメント
---------------------------
>野原燐ツイート
‏ 百田氏は国際法学者の横田喜三郎について「東京裁判を正当化した人」として糾弾する。けれども、その横田が最高裁判所長官として米軍駐留を正当化した砂川事件の判決を下した事に触れない。米国による占領が日本を深く蝕んでいる、という百田氏の考えの好例であるのに!
(引用終わり)

 id:noharra(野原燐)があまりにも馬鹿なことを言ってるので「目が点になりました」。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-30/2008043004_01_0.html
 当時のマッカーサー米駐日大使と「内密の話し合い」をもった田中耕太郎裁判官は当時の最高裁長官。米軍駐留をめぐる裁判で米側責任者と事前に話し合うなど、司法の独立を放棄する最悪の行為です。しかも、田中長官は、弁護団からの協議要請はことごとく拒否し、裁判官忌避を申し立てられました。弁護人とは会わず、米大使と密談していたのですから、対米従属も極まれりです。
 判決では、米側が期待したとおり、一審の違憲判決を正面から覆し、安保条約・米軍駐留に合憲のお墨付きを与えました。
(引用終わり)

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-14/2018051402_03_1.html
 マッカーサー駐日米大使は藤山愛一郎外相を呼び出し、田中耕太郎最高裁長官とも密談して、翌60年の安保改定までに最高裁判決で一審判決を覆す策略を相談しました。この事実は、解禁された米国公文書の調査で明らかにされています(2008年)。
(引用終わり)
という記事で分かるように「砂川事件最高裁判決」を下したときの最高裁長官は横田ではなく「田中耕太郎」です。
 従って、百田が
>横田が最高裁判所長官として、米軍駐留を正当化した砂川事件の判決を下した、事に触れない
のは当たり前です。そんな事実はありませんので(失笑)。
 「米国機密文書の機密解除によって、田中が最高裁長官でありながら、マッカーサー二世大使(マッカーサーGHQ司令官の息子)と『絶対に米国を勝訴させる』と確約したことが発覚したこと」は当時かなり話題になりました。
https://www.asahi.com/articles/ASL7M46J7L7MUTIL02S.html
 東京都砂川町(現・立川市)にあった米軍基地の拡張計画に反対する学生らが1957年、基地に入った「砂川事件」で、最高裁第二小法廷(菅野博之裁判長)は、日米安保条約に基づく刑事特別法違反で有罪となった4人の元被告について、再審開始を認めない決定をした。18日付の決定で、元被告らの特別抗告を棄却した。今回の請求で再審が開かれないことが確定した。
 この事件では一審が「米軍の駐留は憲法9条に反する」と無罪を言い渡したが、最高裁大法廷が1959年に「日米安保条約のような高度に政治的な問題に司法判断はしない」などとして破棄した。当時の田中耕太郎・最高裁長官が、米国側に裁判の見通しなどを伝えたとする米公文書が2008年以降に相次ぎ見つかったことを機に、元被告らは「公平な裁判を受ける権利を侵害された」と主張し、再審を求めていた。
(引用終わり)
ということで最高裁に不当にも却下されたものの「田中の密談を理由とした」再審請求もなされています。
 この野原の勘違いは「砂川事件について野原がまともな基礎知識を全く持っていないこと」を完全に暴露しています。自信満々に間違ったことを放言するとは野原も本当に無様な男です。俺は野原が大嫌いなのでこうやって批判しておきます。

noharranoharra 2019/01/17 19:23 シモツカレ・コメント
「>ご意見ありがとう。
 そういう心にもない謝意を表されても腹立たしいだけですが。そんなことよりhttp://d.hatena.ne.jp/noharra/20121120/p4などで俺に向かって「1ビット脳」などと不当な罵倒をしたことを謝罪したら如何ですか?。
 「不誠実でクズ」のあなたに謝罪なんか出来るとはかけらも思っていませんが。
 しかし俺に不当な罵倒をしたあげくそれについて撤回もわびもしてないのに「心にもない謝意」の表明とはイヤー野原さんのようなクズはやることが本当に非常識ですね。」
「1ビット脳」は不当な罵倒とは思っていません。
金正恩・北朝鮮当局の収容所などの人権侵害などに関して、それを隠蔽し続ける朝鮮総連を批判するのは当然です。それに対して、別にそれに言及していないのに、「朝鮮学校問題に敵対した」と批判するのは、無理矢理の党派的言説であり、批判され尽くすべきです。

noharranoharra 2019/01/17 21:17 id:bogus-simotukare シモツカレ氏の2つのコメントを削除しました。
削除の理由は、私の「本名」が記されているからです。
わたしは一貫して「野原燐」として、表現活動しており、「本名」なるものは関係ありません。嫌がらせの為だけにそれを表神社本庁記することは卑劣なふるまいであり、許すことはできません。

bogus-simotukare 2019/01/16 21:05 (2つ目)

>野原燐がリツイート
・のんちゃん
 昭和30年代の神道家たちは、沖縄への深い思いと敬意があった。沖縄戦と基地問題に対してしっかりとした認識があった。
(引用終わり)

 そんなもんがあったとは全く思いませんがそれはさておき。
1)id:noharra(野原燐)とその類友が「本心かどうかはともかく」安倍政権の沖縄政策を批判
2)そのため「理屈上」安倍を容認する「現状の」神社本庁を批判せざるを得ない
3)しかし神社本庁を結局かばいたいがゆえに「昔は神社本庁はまともだったんだ」と強弁してることがわかります。
 まあ、『id:noharra(野原燐)とその類友』のような神社本庁狂信者(つまり反動右翼)でもない限りやらないバカげたくだらない行為です。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2019/01/16 21:05
(以上)
このシモツカレ発言には下記で反論した。
http://d.hatena.ne.jp/noharra/20190116#p1

bogus-simotukarebogus-simotukare 2019/01/17 23:14 http://d.hatena.ne.jp/bogus-simotukare/20080724/1307052595
id:noharra
 そもそも自分の本名を「野原燐名義の記事」http://666999.info/AYGX/で自分から公開したのはあんたよね?。自分で本名を公開しておいて何がどう嫌がらせなのかしら?。まあ、そんなに「野原燐って名前でお願いします」つうならこのコメント欄ではそれでもいいけど。
 つうかそんなこと言うならhttp://666999.info/AYGX/に自分の本名を公開するのはやめたらどうなのよ?

2018-12-24

馬場信浩氏発言

をメモしておく。

‏「負けばかりが言われるけれど勝った例もある」そうだ。

勝てる論理が一切ない、が私の主張。あとでよく検討しよう。

https://twitter.com/schoolwars1/status/1073540724371554305 以下

馬場信浩 @schoolwars1

もうすぐ慰安婦合意なって三年。合意で賛否分かれたけれど初期から賛成した。おかげで優位に立てた。韓国側は道徳性の優位が失われたと愕然としていた。韓国勢は必死だったよ。日本に勝ちたい。そのために慰安婦だけは譲れない。しかし雁字搦めでアップアップしてた。俺達は安倍さんありがとだったよ。

20:30 - 2018年12月14日


馬場信浩 ‏ @schoolwars1 12月14日

負けばかりが言われるけれど勝った例もあるからね。ブエナパーク市、フラートン市は慰安婦像は建たなかった。両市とも車で十分以内。こんな所に建てられてたまるかと死にものぐるいだった。時に1対100くらいの人数で押されたこともあったよ。でも勝った。これは忘れないでもらいたい。

1件の返信 40件のリツイート 45 いいね


馬場信浩 @schoolwars1 12月14日

運動やっていて日本の右派学者評論家がいかにあてにならないかが良く分かった。名前はもう出さないけどクズだよ。イジメがあるって嘘で煽った右のやつら、国賊だよ。今は知らん顔をしているけどね。精神的支柱になったのは櫻田淳氏一人だったね。事実だけで押せ、が彼の教え。それで戦った。

1件の返信 44件のリツイート 47 いいね


馬場信浩 @schoolwars1 12月14日

派手なことを言って運動を展開した奴らってほとんどが商売保守だった。やつら甘い汁を吸ったんだね。寄付した人は成果がありましたか?あったら教えて欲しい。みんなトンズラされて私に文句を言う人が居る。よせよ。欺されたのはアンタ個人の頭の弱さ。私をあしざまに言ったの誰よ、と言いたいです。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2018/12/24 18:49  なぜ馬場という「政治家でもない小物右翼の慰安婦違法性否定暴言」を「わざわざ」取り上げてるのか是非教えて頂きたいですね。
 そして「つくる会理事」を務めるなど「馬場に比べれば大物右翼」の三浦小太郎をなぜ批判しないのかも教えてほしいもんです。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2018/12/24 18:54 やはりあなたが三浦と「しがらみ(義理人情?)があるから」ですか?。あなたにとって大事なのは理屈よりも「しがらみ」ですか?。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2018/12/24 19:11 野原燐がリツイート
・片岡哲夫(おやじっち)
‏ 知らないことを、調べたら、デマを信じてしまうことがある。でも、そのあとで、やっぱり間違いだと気付いたら、訂正すればいい。それが出来ないやつは、真実よりも、自己保身に走るやつだと思う。
(引用終わり)

 「真実よりも、自己保身に走るやつ」て
1)「日本が10万人脱北者を受け入れれば北朝鮮は崩壊する」と放言して、「どこで10万も受け入れるの?」と俺が質問したらだんまりで逃げ続けた
 あるいは
2)「安倍総理の発言のおかげでウイグル政治犯が釈放された」と放言して「無役(元首相)の安倍の発言で、中国が釈放するわけがねえじゃん。安倍だって首相時代に言わなかったことを首相辞めたら言ったのはそういうことだろ?」と俺が問いただしても詭弁で居直り続けた
あなたのことですよねえ、id:noharraこと八木孝三さん(他にも八木の詭弁と居直りはあったかと思うが)。よくもまあこんなツイートにリツイートできるもんですねえ。まずはご自分が「間違いを訂正したら」いかかがですか?。あなたにそんなことが出来るとは期待してませんけど。

2018-08-15 脱北者らが北朝鮮政府を提訴

脱北者らが北朝鮮政府を提訴

脱北者らが初めて、日本の裁判所に北朝鮮政府を提訴

〜北朝鮮帰還事業は、国家による誘拐行為


■提訴

日時:2018年8月20日(月) 午後2時

場所:東京地裁正門前

原告2〜4名・弁護団らが訴状を提出のため、地裁正門から集団で建物に入ります。

撮影等はこの時にお願いします。

参加方法:事前登録不要です。当日現地にお越しください。


■提訴後会見

日時:2018年8月20日(月) 午後3時

場所:東京地裁2階・司法記者クラブ

参加者:原告2〜4名、弁護団スポークスパーソン他

参加方法:事前登録不要です。当日現地にお越しください。


個別取材

個別取材をご希望の方は、直接下記までご連絡ください。

090-2287-8610 山田文明(北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会 名誉代表)


< 背 景 >

●本提訴の意義

北朝鮮帰還事業で北へと渡り、その後脱北して日本に定着した脱北者らが、2018年8月20日北朝鮮政府を被告として、東京地方裁判所に提訴の予定です。日本において初めて、脱北者らが北朝鮮政府を直接相手取って訴訟を起こす取り組みと考えられます。

北朝鮮政府らの欺瞞により、帰国事業で日本から北朝鮮に渡った約10万人の在日コリアンや日本人妻などは、「地上の楽園」に移住すると宣伝されたにもかかわらず、実際には人生を完全に狂わされ、「人道に対する罪」の被害者となりました。帰還事業という壮大な人権侵害の被害者の救済に向けて、北朝鮮政府は一刻も早く被害者に対し、出国自由故国帰還の自由を与えるべきです。

6月の米朝首脳会談を受けて、安倍首相が日朝首脳会談の早期実現に向けた調整を指示しています。日本政府はあらゆる機会を通じて、北朝鮮政府に対し、被害者やその親族らの出国の自由、故国帰還の自由の保障を含む人権侵害の解決を強く働きかけるべきです。


●本件に至る経緯

国連の北朝鮮人権調査委員会は2014年2月、この北朝鮮帰還事業や拉致問題を含む北朝鮮政府による人権侵害を「人道に対する罪」と認定する最終報告書を発表しました。

<原文>

『Report of the Commission of Inquiry on Human Rights in the Democratic People's Republic of Korea』

https://www.ohchr.org/EN/HRBodies/HRC/CoIDPRK/Pages/ReportoftheCommissionofInquiryDPRK.aspx

日本語訳

『北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)最終報告書』

https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/hr_ha/page18_000274.html

これをうけて2015年1月15日、脱北した在日朝鮮人や日本人配偶者ら12人が日本弁護士連合会に対し、日朝両国の政府や赤十字、在日朝鮮人総連合会を相手方とする人権救済申立を行い、今も係属中です。


●北朝鮮帰還事業とは

1959年から四半世紀に渡り行われました。「地上の楽園」と宣伝された北朝鮮に、在日コリアン、日本人妻など約10万人が渡ったものの、「帰国」後、劣悪な生活環境、あらゆる市民的・政治的権利の侵害、監視、差別などに苦しむ、悲劇的な境遇に追い込まれています。原告らを含め一部の人々が脱北に成功し、日本に帰国していますが、北朝鮮に残した親族がいる場合には、面会もままならない家族離散の苦しみを余儀なくされています。


●訴状上の特別な論点

訴訟上の論点は多岐に渡りますが、本訴状は、日本が承認していない外国政府を提訴するという試みとなり、裁判所が本件訴訟の審理を開始する前提事項として、

<1>国際民事送達(日本国外所在する被告に対する訴状送達に関する問題)、

<2>国際裁判管轄(本訴状を日本の裁判所が審理できるかという問題)、

<3>主権免除(外国政府を被告とする訴訟について、日本の裁判所が裁判権を行使することは外国政府の主権侵害にならないかという問題)

といった点が論点となります。

その後、<1>〜<3>の問題がクリアできた場合に、具体的な被害立証が問題となります。(※日本が北朝鮮を国家とは認めていないことが、<1>〜<3>の問題をクリアできる論拠となりえます)


●訴訟進行の展望

提訴時ないし事件が裁判体に配点された時点で、公示送達の申立てを行います。その後の訴訟の進行としては、裁判所が、訴訟の送達方法として、公示送達を選択することになると見込んでおります。その後、裁判所が訴訟記載の被害の実態に関する審理に入る前に、国際裁判管轄、主権免除の論点に関して審理することになり、場合によっては、原告らに追加の補充主張を求めることが予想されます。


●本件の全体問い合わせ先:

国連人権NGO ヒューマン・ライツ・ウォッチ 土井、吉岡:03-5575-3774 / yoshior@hrw.org

http://hrnk.trycomp.net/news.php?eid=01255

bogus-simotukarebogus-simotukare 2018/08/16 06:09 http://d.hatena.ne.jp/bogus-simotukare/20080802/1307052595
「へえ?、今まで訴えてなかったの?」のが正直な感想です。
 とはいえよく考えれば訴えない理由は想像できます。何せ北朝鮮と日本の間には国交がない。
 仮に勝訴判決が出たところで「実質的効果はない」でしょう。単に政治的アピールの意味しかない。
 とはいえ「南北、米朝首脳会談以降の宥和ムードをぶち壊す手段」の一つとしてついにその「政治的アピールとしての意味しかない行為」に踏み切ったわけです。
 8/20の記者会見とやらの後のマスコミ報道がどうなるか気になるところです。産経が大々的に報じるであろうことだけは予想がつきますが。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2018/08/21 23:25 http://d.hatena.ne.jp/bogus-simotukare/20080802#c
Bill_McCreary
>政府が「教育内容を変えれば無償化する」と公言した事実を小生は知りませんので、野原先生がご存じでしたら是非そのソース(政府の国会答弁なり、無償化除外訴訟での政府主張なり、国連人権委員会での政府主張なり)を提出してください。

 私も聞いたことないですね。あるんですかね? ていうかこの言説、橋下あたりが、朝鮮学校の金親子の肖像画に難癖つけたようなことを、文科省の無償化制度と混同していませんかね。

>「日弁連」という法律の専門家集団が「違法行為」と声明してること「朝鮮学校無償化除外」を容認している方がこういうツイートにリツイートですか?。

 id:noharraさんて確か、安倍の胡錦涛にたいする無責任発言に対する尚子女史の評価を私たちが批判したことを、大要こんな素人が尚子女史のような専門家に、とか馬鹿にしていましたよね。こんなん専門知識が必要な話じゃないですが、それでやっぱり北朝鮮問題に素人のnoharraさんは、十万人の北朝鮮難民の話をしているくらいで、単に自分の支持する言説と支持しない言説で、恣意的に素人だなんだと難癖付けているだけです。それで自分の安倍絶賛をなんら撤回することなく、安倍罵倒に走っていますからね。当方のような素人は、とてもnoharraさんのようなデタラメな人間にはなれませんが、どっかの馬鹿同様、社会常識が欠如しているんでしょう。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2018/08/21 23:27 http://d.hatena.ne.jp/bogus-simotukare/20080802#c
Bill_McCrearyさん
>私も聞いたことないですね。

 ですよねえ。で「ソース出せるんですか?」と聞いてもガン無視するクズがid:noharraです。よくもまあ「質問大歓迎」なんて抜かせるもんです。明らかに嘘じゃないですか。全く誠実性のかけらもない。

>当方のような素人は、とてもid:noharraさんのようなデタラメな人間にはなれませんが、どっかの馬鹿同様、社会常識が欠如しているんでしょう。

 そういうことですね。まあ、そういう人間でも兵庫県庁職員は務まるようですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/noharra/20180815

ご批判、ご質問などをよろしくおねがいします。
野原燐へのメールは noharra(あっとまーく)666999.info です。
ページビュー
1629274
 (2006.1.02設置)
 敵でも味方でもない、ある圧倒的な力によって問題提起の正しさが弯曲していくのではないかという一瞬おとずれる感覚のむこうに、はじめて、ほんとうの闘争がはじまっている。(松下昇)
(仮称)仮装被告団〜刊行委員会