トヨタ生産方式

トヨタ生産方式

(一般)
とよたせいさんほうしき

トヨタ自動車が考案した、工場における生産管理方式の1つ。
主に製造現場およびそれに付随するスタッフ部門で用いられている手法である。
豊田喜一郎らが提唱していた考えを、大野耐一らが体系化したものである。


7つのムダ(作り過ぎのムダ、手待ちのムダ、運搬のムダ、加工のムダ、在庫のムダ、動作のムダ、不良をつくるムダ)をなくすことを目的としている。

  • ジャストインタイム──必要なときに、必要なものが、必要な分量だけが手元に到着する(もしくは手元へと運搬してくる)状態。
    • カンバン方式──あらかじめ最小限度の製品を作り溜めすることを前提に、後工程へと引き取られて減った分だけを過不足なく補充生産するために、現物に生産指示票をつけたまま扱う方式。
  • 自働化──自動化機械に対して、不良品を作り出す原因を検出して自動停止するシステムを付加することにより、異常時を除き人手を必要としない状態にすること。

 これらにより無駄(人間が行わなくともよい作業)を排除することで多能工化が可能な状況を作り出し、多能工を育成して生産効率を高めている。

ネットの話題: トヨタ生産方式

人気

新着

新着ブログ: トヨタ生産方式