ハインリッヒの法則

ハインリッヒの法則

(サイエンス)
はいんりっひのほうそく

アメリカ人ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ(Herbert Wilhelm Heinrich)が1931年に提唱した法則で、1件の重大な事故の裏には29件の軽微な事故と300件のニアミスがあるとするもの。

関連
ヒヤリハット

ネットの話題: ハインリッヒの法則

人気

新着

新着ブログ: ハインリッヒの法則