一遍上人

(一般)
いっぺんしょうにん

時宗の開祖。
河野通信の孫に当り別府七郎左衛門通広の三男。
10歳で母を失い仏門に入り随縁と称す。
13歳のとき太宰府の聖達上人の下で修業し智真と称す。
25歳のとき還俗し、通秀と称す。
33歳のとき再び出家。
35歳のとき紀州熊野権現に参籠して成道、これより一遍と称す。
16年の遊行ののち、1289年8月、兵庫和田崎の観音堂で亡くなる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ