羅針盤

(一般)
らしんばん

羅針盤

(音楽)
らしんばん

羅針盤
 1988年頃、山本精一の歌とギターを中核に、60年代のサイケデリックロック的なスリーピースのギターバンドとしてスタート。
 1996年以降、山本、須原敬三(ベース)、伴野健(ドラムス)、吉田正幸(キーボード)という固定メンバーでコンスタントにライブ活動を行い、1997年、ギューンカセットよりファーストアルバム「らご」を発表。その後、Weaジャパンより「らご」を含むアルバム3枚と、シングル2枚をリリースする。ほかにライヴ会場のみで売っているプライヴェートカセット、CDもある。
 「想い出波止場」同様、緻密な音場設計がなされたアルバムと、ストレートかつダイナミックなバンドアンサンブルを聴かせるライヴでは、大きくサウンドが異なる。
 2000年秋、東京、名古屋、大阪でワンマンライヴを敢行。この時よりドラムスは西浦真奈(チャイナ)になった。

2005年に西浦真奈が、所属するDMBQのアメリカツアー中に自動車事故に遭い、帰らぬ人になった事を受けて、山本精一自らギューンカセットのオフィシャルサイト内のBBSで解散を発表。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ