薬師如来

薬師如来

(一般)
やくしにょらい

仏界の東方を治める。医薬を司り、人々の病気を治し、安楽を与える。そのため仏像は左手に薬壺を持っていることが多い。
脇侍に日光菩薩・月光菩薩。眷属に十二神将。

国宝指定の薬師如来

勝常寺(平安時代)
仁和寺(平安時代)
神護寺(平安時代)
醍醐寺(鎌倉時代)
獅子窟寺(平安時代)
新薬師寺(平安時代)
元興寺(平安時代)
唐招提寺(平安時代)
薬師寺(白鳳時代)
法隆寺西円堂(天平時代)
法隆寺(平安時代)
法隆寺(飛鳥時代)
奈良国立博物館(平安時代)


ネットの話題: 薬師如来

人気

新着

新着ブログ: 薬師如来