Hatena Blog Tags

資金

(一般)
しきん

ある活動目的を支える金銭

  1. 事業の元手や経営のために使用される金銭元金
  2. 特定目的のために用意され使われる金銭
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

デジタル通貨革命を考える。

デジタル通貨革命を考える。 お金の世界とPPPの世界を極めるために、人脈を広げていくと、結論、世界ネットワークになっていきます。筆者がスリランカの文部省の支援をすることなったり、また、現在は、米国債をベースに作るデジタル通貨、デジタル米国債通貨(DBN)を運営する財団のアンバサダーとして、デジタル米国債通貨の普及を発展途上国に向けて行う作業がスタートしました。 PPPという世界を極めていくと、最後にたどり着くところはどこか?それは、人類が生きていくための通貨の仕組みを構築するということになります。PPPとは、世界救済システムであります。確かに、この世界救済システムの管理しているのは、軍部になり…

必死の床屋のおばさんです。毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 床屋の仕事を体がやれる限りやり続けたいけど 売り上げより出費の方が多くて月を追うごとに乗り越えるのがきつくなっていく。 毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 命尽きるまで仕事を続けたい。 はじめに・ご挨拶 私し 市ノ瀬まさ子は 〇社会福祉法人 東京恵明学園の親のない子、捨て子の子供達を 十五年間に渡り無償で五千四百人分頭刈りを続けてきました。 〇調布の青木病院の老人ホームの老人の頭を刈りも七年間続けて来ました。 六十年のキ

ボーダー 「必死の床屋のおばさんです。毎月 余裕をもって仕事を続けたい。」 https://linliv.ee/kkq0zJs/co/ot/sh/pl #LINELIVE で配信中 必死の床屋のおばさんです。毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 床屋の仕事を体がやれる限りやり続けたいけど 売り上げより出費の方が多くて月を追うごとに乗り越えるのがきつくなっていく。 毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 命尽きるまで仕事を続けたい。 はじめに・ご挨拶 私し 市ノ瀬まさ子は 〇社会福祉法人 東京恵明学園の親のない子、捨て子の子供達を 十五年間に渡り無償で五千四百人分頭刈りを続けてきました。 〇調布の青木…

必死の床屋のおばさんです。毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 床屋の仕事を体がやれる限りやり続けたいけど 売り上げより出費の方が多くて月を追うごとに乗り越えるのがきつくなっていく。 毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 命尽きるまで仕事を続けたい。 はじめに・ご挨拶 私し 市ノ瀬まさ子は 〇社会福祉法人 東京恵明学園の親のない子、捨て子の子供達を 十五年間に渡り無償で五千四百人分頭刈りを続けてきました。 〇調布の青木病院の老人ホームの老人の頭を刈りも七年間続けて来ました。 六十年のキ

ためらわずに行動できて 苦しい状況をやり過ごせる人間になる 「決めてしまうのカラクリ」 / ニコ生番組 https://live.nicovideo.jp/watch/lv339447093 必死の床屋のおばさんです。毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 床屋の仕事を体がやれる限りやり続けたいけど 売り上げより出費の方が多くて月を追うごとに乗り越えるのがきつくなっていく。 毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 命尽きるまで仕事を続けたい。 はじめに・ご挨拶 私し 市ノ瀬まさ子は 〇社会福祉法人 東京恵明学園の親のない子、捨て子の子供達を 十五年間に渡り無償で五千四百人分頭刈りを続けてきました。 〇…

必死の床屋のおばさんです。毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 床屋の仕事を体がやれる限りやり続けたいけど 売り上げより出費の方が多くて月を追うごとに乗り越えるのがきつくなっていく。 毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 命尽きるまで仕事を続けたい。 はじめに・ご挨拶 私し 市ノ瀬まさ子は 〇社会福祉法人 東京恵明学園の親のない子、捨て子の子供達を 十五年間に渡り無償で五千四百人分頭刈りを続けてきました。 〇調布の青木病院の老人ホームの老人の頭を刈りも七年間続けて来ました。 六十年のキ

ためらわずに行動できて 苦しい状況をやり過ごせる人間になる 「決めてしまうのカラクリ」 / ニコ生番組 https://live.nicovideo.jp/watch/lv339446847 必死の床屋のおばさんです。毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 床屋の仕事を体がやれる限りやり続けたいけど 売り上げより出費の方が多くて月を追うごとに乗り越えるのがきつくなっていく。 毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 命尽きるまで仕事を続けたい。 はじめに・ご挨拶 私し 市ノ瀬まさ子は 〇社会福祉法人 東京恵明学園の親のない子、捨て子の子供達を 十五年間に渡り無償で五千四百人分頭刈りを続けてきました。 〇…