ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

JF1DIR業務日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

電子工作・オーディオクラフト・アマチュア無線・コンテスト・BCL
プロフィールはこちら

2016-06-22 開局9周年

開局9周年

| 開局9周年を含むブックマーク 開局9周年のブックマークコメント

本日で開局9周年を迎えることができました。ここ数年、ほとんど無線に関する活動内容に変化がなく、安定しているというかワンパターンになりつつあるので、既に本ブログにも書きましたが、去年度は以下のことにトライしました。

・海外移動運用

・米国アマチュア無線免許取得

前者は3月の末にパラオへ移動して初の海外移動運用をやってきました。詳しくはここなどのエントリーに書いたとおり、レンタルシャックなので特に設備や運用ノウハウの必要なく気軽に楽しめました。condxイマイチでしたが、約5,000QSOと初運用の割りに成功したと思っています。それにしても、一度この鬼パイルを味わってしまうと、国内での運用は物足りないというか、全く別の世界であります。年内には無理そうですが、近いうちにまた海外移動をやってみたいと思います。とにかく海外での運用はやっておくべき体験だと思いますので、みなさんもチャンスがあればぜひトライしてみましょう。


将来米国領で海外移動運用をやってみたいこともあり、思い立ってすぐに米国の免許を取るべくFCC受験しました。ここのエントリーにも書きましたが、ろくに勉強しなかったのにAmateur Extra級まで一日で取得することができ、AF7YGというコールを取りました。すぐにVEの申請をしたところ、先日VE認定が得られ、早速来週の横浜FCC試験でVEとして参加してお手伝いする予定です。

FCC試験について幾つかの方から質問をいただいたので、受験対策についてここで記したいと思います。勉強の仕方は基本的にQPをひたすら解いて答えを覚えることに尽きるのですが、とくに無線工学や運用、安全について、なぜそうなのかを理解しないといけません。というかつまらないものになります。日本の国試のように引っ掛け問題はなく、難しい問題ではないので、一問一問きちんと理解することが望ましいです。QRZ.comの模擬テストを繰り返し、自分が不得意な分野を見極めて、そこを重点的に勉強することが肝心です。そうしないとシンプルに効率が悪いです。また、英語という語学の問題ですが、英語は英語のまま覚えるのがよく、厳密に訳さないほうが早道だと思います。

開局9年目時点でのQSO実績の統計は以下のとおりです(T88IRの運用も含みます)。

f:id:WideR:20160622221609j:image

ちなみにTurbo HamlogでのQSO統計はいくつか不備があるので(RAEMなどの特殊なコールサインを認識しないなど)、QSO統計を出力するスクリプトRuby作りました。現時点で総QSO数は97,519QSOで、10万QSOまであと少し。今年中には達成しそうです。

10年目もよろしくお願いします。

je1sghje1sgh 2016/06/24 09:34 おめでとうございます.10年で100kは確実ですね.完全に抜き去られました^^;

2016-06-09 VE認定証&バッジ到着

VE認定証&バッジ到着

| VE認定証&バッジ到着を含むブックマーク VE認定証&バッジ到着のブックマークコメント

前回のエントリーにあったように、USコールを取得してすぐにVEになろうとOpen Book ReviewをARRLへ提出し、28日目にARRL WebのSession Countに自局コールが掲載されました。そして、本日やっと自宅にVE認定証とバッジが到着しました。41日目に到着です。発送先を日本の住所にしたので郵送に$3.23かかってしまってARRLには申し訳ないです。

f:id:WideR:20160609223054j:image

試験を受けたのが4/17ですから2ヶ月経たないうちに、逆の立場、つまり試験を監督する立場になってしまいました^^;

機会あれば各VEチームと合流し、FCC試験のお手伝いをさせていただこうと思います。よろしくお願いします。

2016-06-06 JQ1ZQQでオール神奈川コンテスト参加

JQ1ZQQでオール神奈川コンテスト参加

| JQ1ZQQでオール神奈川コンテスト参加を含むブックマーク JQ1ZQQでオール神奈川コンテスト参加のブックマークコメント

オール神奈川コンテストは管内なので毎回気合を入れて参加しているのですが、今年は、ちょっと趣向を凝らし、地元のハムクラブのメンバーたちでマルチオペ参加してみました。コールサインはJQ1ZQQです。

企画当初、普段あまりコンテストに出たことがないメンバーが多くどうなるか心配しました(杞憂に過ぎませんでした)。また運用場所を茅ヶ崎市にこだわったので、運用場所に困り、つまりロケが良くて深夜まで車を数台止められるところを見つけるのに難儀しました。幸い、某公園の脇で無事運用することができたのですが、ロケはさほど良くないので(そもそも茅ヶ崎市は平たい街)、勝つ気は全くなし、とにかくメンバー全員が無事にコンテストを戦い抜き、楽しめればヨシとしました。

当日のWXは朝からFBで午後からは曇りですが、夜までなんとか持ちそう。朝の11時にメンバー集合してアイボール会の後、設営に入りました。14時には準備完了。21MHzのアンテナでワッチするとDXが割とよく聞こえてきました。DX condxは良さそう?

f:id:WideR:20160606230324j:image

昼の部の短波ハイバンドでは電信が主体となることから、電信ができるOPに担当してもらいました。短波のアンテナはワイヤダイポール、50MHzは4エレ八木を6mポールに立てて当局が担当しました。Esが出てくれば結構楽しめるなのでEsオープンを期待しました。やはりロケに問題があるので50MHzは苦戦しましたが、ハイバンドはF2正規反射やスキャッターで全国エリアと交信できそこそこできたかなと思います。結局50MHzで交信できるEsは出ませんでした。残念。

昼の部が終わり、アンテナ撤収、晩ごはん、夜の部のアンテナ設営と3時間のインターバルでも大忙し。20時にはなんとかすべてのアンテナが上がりました。オール神奈川はこの夜の設営が結構しんどいです。1.9MHzは13m長ポールで立てた逆Lアンテナで、一応ATUを入れていますが、フルサイズにしてスルー状態でも1.9MHzに共振するように調整しました。3.5MHzも同じくフルサイズ逆Lです。7MHzは6m高の逆Vダイポールで、NVIS化するためあえて給電点高を低くしました。144MHzと430MHzは10エレシングルとお手軽仕様ロケ悪ですが(それでも茅ヶ崎市内の中ではそこそこ良いところ)管内局の強みを活かせばそこそこできるだろうという考えです。

夜の部、当局は1.9/3.5/7MHzの3バンド担当。バンド間干渉があるので同時運用は難しいとの判断です。まずは7MHz CWでスタートダッシュを狙いました。80Q/hのペースを保ち、3.5MHz CWへQSY。すぐに猛烈に呼ばれました。CQ途切れるとcondxが落ちる前に7MHz SSBにQSY。こちらも結構呼ばれました。7MHzのNVIS化が功を奏したのか近距離もFBです。3.5MHzは雨が近いせいかS=9+のノイズでSSBは難しいと判断し数局でやめて、1.9MHzへQSY、これまたすぐに火柱パイルが立ちました。フルサイズの威力で全国にFBに飛んでいったようです(1.9MHzはノイズ皆無)。最初の2時間を80Q/hのペースでつなぐことができました。最後の30分は各バンドをQSYして呼びまわったりしてスコアメイクしました(当局が担当した1.9〜7MHzは個人参加でも1位並のスコアになったと思います)。

144, 430MHzのチームもFBに運用出来たようです。ロケの悪さはCWでカバーして結構な局数を稼いでくれました。

終了間際に雨が降ってきました。終了後急いで撤収・・・

f:id:WideR:20160606230550j:image

結果は、530x286=151,580点ロケ悪と初参加としてはまずまずではないでしょうか。参加各局ありがとうございました。

各局、交信いただきありがとうございました。近日中にQSLカードを発行しビューロ経由で送付いたします。次回もよろしくお願いします。

JP1LJHJP1LJH 2016/06/07 07:30 クラブ局での参加、お疲れさまでした!また、2バンドでのQSOありがとうございます(^O^)
初回からアンテナや担当割りで工夫を凝らしての好結果、VYFBですね!さすがです。
今後ともよろしくお願いします(^_^)

JQ1BYMJQ1BYM 2016/06/07 21:56 お疲れ様でした。貴重なマルチ有難うございました。海抜50m前後の場所ですから悪くはないのでは?仕事でその公園の周辺回ってますhi

WideR(JF1DIR)WideR(JF1DIR) 2016/06/07 22:14 >LJHさん
いつもQSOありがとうございます。初めてのM/Mの試みだったのですが、なんとか無事に戦うことが出来ました。公園管理者の車やパトカーがウロウロしていたのでヒヤヒヤしていました^^;
またよろしくです。
>BYMさん
QSOありがとうございました。この写真でわかっちゃいましたか^^;
北方面は割りと開けていますが、横浜・東京方面はあまりよくありませんね。茅ケ崎は移動場所に苦労します。またよろしくお願いします。

JL1LOFJL1LOF 2016/06/08 08:28 いつもコンテストではお世話になっています。今回もQSOありがとうございました。FBな移動場所に見えますね。大昔に1108の赤羽山というところに移動したことありますが全くダメでした。HFなら楽しめそうなロケーションですね。

WideR(JF1DIR)WideR(JF1DIR) 2016/06/09 23:21 >LOFさん
いつもQSOありがとうございます。そうです赤羽山は茅ケ崎では最も高いところの一つですが、やっぱりイマイチなんですよね。赤羽の近くの大庭台墓地の入口付近や大庭台墓地の手前の赤羽貯水池跡がそこそこロケがよいです。後者は市の許可が下りれば中に入って17時までですが運用することができます。

2016-05-10 T88IRのQSL発送完了

T88IRのQSL発送完了

| T88IRのQSL発送完了を含むブックマーク T88IRのQSL発送完了のブックマークコメント

ようやく先日のパラオ移動運用分のQSLカードの印刷が終わりました。約5,000QSO、カード枚数が4,000枚となってしまったこともあり、QSL作業は大変といえば大変でした。ホームコール発行のQSLも混ぜて合計約5,500枚、本日ビューローへ発送しました。

f:id:WideR:20160510220536j:image

○ダイレクト請求

日本からは82円切手が貼られた封筒(SASE)を同封、日本以外からは2GSと封筒(SAE)同封を条件にQSL交換を行いました。現時点で75通のSASE/SAEが届き、予想よりも多く大変感謝しております。このダイレクト請求については優先的に発行・返信を済ませております。日本からのSASEが割りに多く、JARLに入会していない局なのか、すぐにQSLが欲しい局なのか、ビューロが普及している日本が多かったのには意外でした。

海外局からは2GSを請求したのですが、中には3GS同封やIRCを同封した局もいました。しかし、GSなしでQSLだけを送ってくる局は(ホームコールではたまに来ます)一通もありませんでした。送られてくる封筒に日本では一般的なはがきサイズのQSLが入らないと思われました。そこで、今回のQSLはいわゆる国際サイズ(140mm x 90mm)にして対応しました。現時点到着の75通すべてこちらのログとマッチするQSLであり、とくに問題なく発行できました。封筒の封をする部分にノリまたは両面テープが着いていない封筒が多く(特に日本からのSASE)、一つ注文すると、両面テープつきの封筒で送ってもらいたい、ということです。約2ヶ月経った現時点でも週に数通SASE/SAEが届くので、返信作業は当分続きそうです。ちなみに、切手代90〜140円かかってしまうので、儲けはほとんどありません(汗)。

○ビューロ経由

日本の局にはこちらから一方的にJARLビューロ経由でQSLを発行しました。日本以外の局宛にはClublogでBuro交換を希望した局について発行しています。これらを選別する作業が結構面倒でした。

ビューロ発行が遅れた理由は印刷作業とプリンタの故障です。使用していたモノクロレーザーの調子が悪くなり、どうやら厚紙はがき大の印刷には向かいない機種らしい。そこで、安いインクジェットで印刷する方針に切り替えたのですが、数が多いだけにこちらも難航してしまいました。

電子QSLシステム

渡航前から宣言したとおり、電子QSLシステムを積極的に利用しました。すでにLoTW, eQSLおよびClublogにも全QSOデータをアップロードを済ませています。渡航中にログデータを逐次アップロードする予定でしたが、現地のネット環境がすこぶる悪く、デジモードを除くログを一回だけアップできただけでした。これが少々問題だったようで「CWのLoTWは到着したけどRTTYが来ない。なぜだ?確認してくれ。」というお叱りのメールを多数戴いたのでした。

ちなみに、QSOデータがマッチ(cfm)した件数は4,836QSO中、現時点でLoTWとeQSLがそれぞれ、2,378(49.2%), 1,333(27.6%)で、LoTWの方が利用者が多いこと分かりました。

LoTWとClublogでは互いのQSOデータがマッチしないとQSLが到着しないシステムですが、eQSLではデータにミスマッチがあっても相手のQSLが一方的にこちらに届くシステムになっています。QSOしたはずのないログも混在している可能性があり、それらはミスマッチQSOとして記録されます。このミスマッチQSOデータが数十件ありました。呼んできた局のデータ間違い(モード、時間、バンド)、特に日本から局では日本時間のままアップロードされた局がいました。一方、こちらがコピーミスによるミスマッチもあり、この場合はただちにこちらのログを修正し、修正分のデータをLoTW, eQSLおよびClublogにアップロードしました。コピーミスはRTTYのログに顕著でした。あれだけQRMMだと文字化けする確率が上がってしまうようです。

○SWL

SWLからのQSL交換も十数件やってきました。やはり東欧圏が多く、eQSLではcfmの手続きをやっておきました(eQSL経由でダイレクト請求される方もいましたが)。

メールでの対応

最近は来なくなりましたが、QSO直後に「あのときのQSOで自信がなかったけど、ログに載っているか?」などの確認メールが多数きました。帰国後すぐに、ログにある・ない、の返信をしていました。やはりRTTYでQRMMのせいか、相手局の画面も文字化けしてしまったらしく、問い合わせの大半がRTTYのQSOでした。また、「お前のCQにup xで呼び続けたけどダメだった、残念!」とか「QSOありがとう、またよろしく」というメールも多数戴き、こういったのも興味深い体験のひつとなりました。特に南米とのQSOが難しいらしく(確かに少なかった)、渡航前に、何件かスケジュールQSOの依頼を戴きました。今回はスケジュールしないポリシーだったのですが、次回からは余裕があれば受けようかと思っています。

JE1SGHJE1SGH 2016/05/12 18:44 QSL印刷お疲れ様でした.
RTTYは,Master.DTAのRTTYデータを使うなどするとよさげでしょうか.

WideR(JF1DIR)WideR(JF1DIR) 2016/05/12 19:34 SGHさん、コメントありがとうございます。
今回はCTestWinをログソフトにしてました。このソフト、PSK63とPSK125を区別してくれないので、デジモードでは仕方なくHamlogでロギングしていました(MMVARI/Hamlog間で連携機能あり)。Master.dtaが使えないので、ミスコピーが出てきてしまったようです。次回までに対策しておきたいです。

2016-05-09 VE申請

VE申請

| VE申請を含むブックマーク VE申請のブックマークコメント

前回のエントリーにあるように、米国のコールサインが無事発給されAmateur Extra級の免許人になったので、早速VEに挑戦してみました。VEとはVolunteer Examiners(ボランティア試験官)のことです。日本では総務省認可の財団法人(日本無線協会やJARD)が国家試験・講習会を開催、団体の職員によって運営されているのですが、米国ではGeneral級以上のアマチュア無線家がボランティアで試験官となり、つまり、FCC(連邦通信委員会)がVEC(VE Coordinator)に委託し、VEが試験を監督・運営するというのが大きな違いです。

いろいろなVECが存在するようで、日本ではARRL/VECとW5YI/VECがメジャーなようです。

ARRL/VECのVEになるには、ARRLが発行している97ページにわたる”VE Manual”をよく読んだ上、VE申請書と”Open-Book Review"という問題集を解いてARRLに提出せよとのことで、早速取り掛かってみました。

Open-Book Reviewの問題は、TechnicianやGeneral級のQuestion Poolに出てくる問題もあります。例えば「VEになるために必要な最小年齢は?」や「CSCE(科目試験合格証)の有効期間は?」などQPですでに勉強済みな簡単な問題から、試験の方法や書類の書き方など実質的な試験運営の詳細に関する問題も含まれています。下の画像はVE申請書です。

f:id:WideR:20160509234553j:image

合格点数がある試験ではなく、分からないところは空白でよいそうなので、とりあえず分かるところだけ埋めました。VE Manualが割と良くできているので、時間をかければすべて解ける内容となっており、一問を残しすべて回答しました(もちろん問題も回答も英語です)。

ARRLでダウンロードできるOpen-Book ReviewのPDFはフィリングタイプのPDF(空欄にタイプして書き込める)はずなのですが"Yes/No"を選択するラジオボタンの動作がおかしく(どちらにもOnにできないなどバグ?がある)、PDF直書きを断念。結局PDFを印刷し、手書きで回答し、スキャナで再度PDFを作成しました。そのPDFをARRLに送付し、翌日VE担当者から返信がありました。「最低でも3週間待て」とのことです。忘れたころに届くのでしょうね。ちなみに送り先を日本の住所にしておきました。

順調に行けば、VEデビューは次回の横浜VE(6月26日)か神戸VE(於関ハム7月16, 17日)になりそうです。

JP1PZE/K7XFJP1PZE/K7XF 2016/05/11 18:13 こんにちは。
ARRLのVE担当は、きちんと処理してくれます。3週間で来ると思います。次はSignmanでVEバッジ作って・・・。ARRLのメンバーじゃなきゃダメだったか、どうか。もう覚えていません。ちなみに東京の次回も7/16ですが、関ハム行かれるのでしょうか。

WideR(JF1DIR)WideR(JF1DIR) 2016/05/11 18:44 >JP1PZE/K7XFさん
コメントありがとうございます。そうですか、では次回の横浜には間に合いそうですね。関ハムには参加する予定なので、VEでお手伝いする予定になってます。あと、一応ARRL会員です。
よろしくお願いします。