Hatena::ブログ(Diary)

イルムから―当たり前に本名が名乗れる社会を求めて このページをアンテナに追加 RSSフィード

賛同メッセージ・コメント・批判・みなさんの体験談など、
随時受け付けています!
★ホームページ
★金稔万さんイルム裁判控訴審・公正判決を求める呼びかけ文/賛同人一覧
★賛同フォーム
★Twitter ★Facebookグループ
★カンパのお願い
 
★次回:金稔万さん本名(民族名)損害賠償裁判 控訴審 第2回弁論 7月25日(木)11:00〜 大阪高等裁判所別館74号法廷

2013-06-14

金稔万氏本名(民族名)裁判を支援する会HP

ホームページが出来ました。ブログも設置してあるので、以後はこちらのほうに最新情報を載せていきます。はてなダイアリーの過去の記事なども徐々に移行させ、参照しやすいように整備して行きます。

ホームページ

http://irum-kara.jimdo.com/

ブログ

http://irum-kara.jimdo.com/%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1-blog/

収支報告(6月14日現在)

イルム裁判支援活動・6月14日現在までの収支報告です。みなさま、今後も支援をよろしくお願いいたします。

6月14日現在までの収支報告

金稔万さんイルム裁判控訴審・公正判決を求める呼びかけ文 賛同人・賛同団体一覧

*賛同人は引き続きまだまだ集めます。みなさま、ぜととも賛同をよろしくお願いします!

賛同フォームこちら

(以下、呼びかけ文)

日本で初!「通名」使用問題の本質を問うイルム裁判、1/30大阪地裁不当判決! 「通名」強要しないで! 金稔万さんの高裁控訴審にご支援を!

金稔万さん本名(民族名)損害賠償裁判を支援する会事務局

弁護団:空野佳弘・奥田愼吾・弘川欣絵

在日韓国人2世の金稔万さん(52歳・尼崎市在住)が大阪の建設現場に日雇いで就労するにあたって、突然通名日本名)使用を強制されたことから、建設会 社(元請けの大林組と下請け2社)と国を相手取り、損害賠償請求を大阪地裁に求めました。2年余の審理を経た2013年1月30日の判決で、大阪地方裁判 所の久留島群一(くるしまぐんいち)裁判長は「強制の事実は認められない」と金稔万さんの請求を棄却し、原告敗訴の不当判決を言い渡しました。

判決は、ゞ睫万さんが通名使用を強制された事実を否定し、背景となる日雇い労働への理解もありません。また、国が本名回復の特段の努力も行わず放置し た不作為も認めない不当判決でした。通名使用を強制することは人格権の侵害にあたりますが、裁判所は、あろうことか金稔万さんが通名使用を承諾したとし、 強制の事実を否定しました。

この不当判決を覆すため、金稔万さんは2月7日に大阪高等裁判所控訴しました。今後の控訴審では、一層多くのみなさんにこの裁判を支援していただきたく思います。

このたび裁判を支援し、大阪高裁に対し、公正な判決を求めることに賛同する「賛同人・団体」を広く募っています。

なお、賛同していただける方のお名前・肩書き・メッセージは、ビラやブログhttp://d.hatena.ne.jp/irum/)などに掲載する場合がありますので、よろしくお願いします。また、裁判には諸費用がかかります。カンパもお願いします。

【金稔万さんイルム裁判の概要】

2009年3月、金稔万さんは、大阪梅田のビル建て替え工事第1期工事に本名で就労した。裁判で明らかになったのは、1期工事の際に誤った手続がなされ たことであった。元請けの大林組現場事務長の基本的な間違い(特別永住者の金稔万さんには不要な「外国人就業状況の届け出」を第1次下請けに提出させたこ と)と、第1次及び第2次下請けが誤りを知りながら「元請けの言うとおりにしておかねば」と元請けの誤りに便乗。そのため、同年9月の第2期工事では本来 不要な「届け出」の提出を回避するために、金稔万さんに対し、こうした「脱法的行為」により、金海稔万(かねうみとしかず)という通名の使用を現場で強制 した。金稔万さんはこれを不服として、2010年5月に大阪地裁損害賠償請求訴訟を起こした。

今年1月の判決で、大阪地裁は、被告企業の言い分のみに依拠し、2次下請け業者代表者は自も特別永住者で、金稔万さんの第1期工事での本名の使用を認め、 さらに仕事を優先的に紹介していたとした。2期工事の際には、「書類の準備に3、4日かかるが、通名ならすぐ働ける」と打診し、金稔万さんが了解したとい う偽証を採用して、強制はなかったと結論づけた。

この判決は、労働の機会を奪われたくないため、「脱法的行為」であるにもかかわらず、下請けに言われるまま通名で仕事に就かざるをえなかった事実だけに着 眼した判断であり、通名を使わざるをえない日本社会の現実に一切考慮しない「門前払い」ともいえる判決だった。しかも、日雇い労働への理解をまったく欠い た判決だった。日雇い労働の現場で「書類の準備に3、4日かかる」というやりとりはありえない。日雇いはその日の仕事の契約であり、3、4日先まで考慮し た雇用契約は結ばない。

このように大阪地裁判決は、金稔万さんの心の叫びを無視し、金稔万さんの主張をことごとく退ける極めて不当な判決です。

同人・団体募集! 一人でも多くの方々のご協力をお願いします。

50音順(敬称略)(2013年5月31日現在。最新の賛同人一覧はこちら→ http://irum-kara.jimdo.com/%E5%91%BC%E3%81%B3%E3%81%8B%E3%81%91%E6%96%87-%E8%B3%9B%E5%90%8C%E4%BA%BA%E4%B8%80%E8%A6%A7/

【個人】愛沢 革(詩人翻訳家)・秋田賢司(年金受給者)・浅見洋子(大阪府立大学大学院生)・有元幹明(日朝市民連帯大阪共同代表)・安世鴻(アンセホン/写真家・ 重重~安世鴻 日本軍慰安婦」写真展実行委員会)・安聖民(アンソンミン/パンソリ唱者)・池田宜弘(アジアこどもプロジェクト代表)・石原 燃(劇作家・非戦を選ぶ演劇の会)・石丸次郎(アジアプレス)・和泉健一(阪神教育情報センター)・磯貝治良(作家・在日朝鮮人作家を読む会)・伊地知紀 子(大阪市立大学)・市村善行(「日の丸君が代」に反対する阪神連絡会)・李 鐡(イチョル/在日韓国民主統一連合常任顧問)・李真理(イ・チンリ/同胞保護者連絡会)・伊藤 満(部落解放同盟奈良県連合会書記長)・稲富 進・井手窪啓一(なかまユニオン執行委員長)・井上 淳(日本軍慰安婦」問題・関西ネットワーク)・今井 恵(ピアノ技師)・今里 哲(シャンソン歌手)・李美好(イミホ/日本軍慰安婦」問題・関西ネットワーク)・林茂澤(イムムテク/立命館大学非常勤講師)・岩崎晶子・岩野政樹・ 印藤和寛(全朝教大阪)・上野 都(在日韓国文人協会)・内岡貞雄(長生炭鉱の”水非常”を歴史に刻む会副代表)・浦田晴夫(無産者)・浦辻宏昌(元ドキュメンタリー・フィルム・ライブ ラリー)・江利川 憲(フリー編集者)・大谷隆夫(日本キリスト教団牧師)・大橋愛由等(図書出版まろうど出版)・大橋紗奈(龍谷大学学生)・大平和幸(ハッキョ支援ネット ワーク・なら)・大村和子(朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪)・大村 淳(城北ハッキョを支える会)・大森正子(おおもりまさこ)・岡田有生・岡田卓己(韓国啓明大学教員)・岡 真理(京都大学教員)・呉光現(オグァンヒョン/NPO法人聖公会生野センター総主事)・奥田和浩(日本軍慰安婦」問題・関西ネットワーク)・奥村剛 子・呉世宗(おせじょん/琉球大学)・小多基実夫(反戦自衛官)・恩地庸之・垣渕幸子(朝鮮女性と連帯する奈良県女性の会代表)・郭日出(かくひで/日之 出書房)・笠松正俊(なかまユニオン)・梶原義之(止めよう戦争への!兵庫阪神連絡会)・綛谷智雄(近畿医療福祉大学准教授)・川瀬俊治(編集者)・河津 聖恵(詩人)・姜善浩(カンソノ/企業家)・姜朱実(カンチュシル・華道家)・姜英哲(カンヨンチョル/朝鮮総聯八王子支部委員長)・菊池 洋(福祉職)・菊地夏野(名古屋市立大学)・北川敏雄(百姓)・北口 学(大阪芸術大学教員)・木下啓子(日本キリスト教団新居浜梅香教会)・桐生隆文(元東大阪市職員)・金吉浩(キムギロ/作家)・金成日(キムソンイル /がらくた喫茶どるめん店主)・金鎭英(キムヂニョン/韓国・民族問題硏究所硏究員)・金治明(キムチミョン/金稔万さんの裁判を支援する沖縄の会)・金 泰九(キムテグ/国立療養所長島愛生園)・金泰賢(キムテヒョン/長田在日大学運営委員)・金必順(キムピルスン/在日韓国キリスト教会全国教会女性連 合会総務)・金孝先(キムヒョソン/東大阪民族講師)・金恵順(キムへスン/会社員)・金洪仙(キムホンソン/大学非常勤講師)・金弘明(キムホンミョン /関西韓国YMCA)・金文男(キムムンナム/グラフィックデザイナー)・金勇秀(キムヨンス/司法書士)・金里博(キムリバク/在日韓国文人協会)・清 末愛砂(室蘭工業大学教員)・金琳泰(きんりんて/在日韓国青年会大阪府地方本部)・郭辰雄(クァクチヌン/コリアNGOセンター代表理事)・熊本理抄 (教員)・栗田珠美(全朝教大阪事務局長)・グる☆生屋(労働者)・黒石昌朗(9条改憲阻止共同行動実行委員会)・胡桃澤伸(精神科医)・鍬野保雄(日本 とコリアを結ぶ会)・越水 治(三人社代表)・高敬一(コウキョンイル/(社)大阪国際理解教育研究センター事務局長)・高賛侑(コウチャニュウ/ノンフィクション作家)・高用哲 (コウヨンチョル/同胞保護者連絡会)・古賀 滋(日朝市民連帯)・高秀美(コスミ/編集者)・高貞子(コジョンジャ/「タルマジ」主宰)・高誠晩(コソンマン/京都大学大学院生)・高正子(コヂョン ヂャ/神戸大学)・小西かづはる(全国在日外国人教育研究所事務局長)・小柳伸顕(日本キリスト教団牧師)・高龍秀(コヨンス/甲南大学教員)・高理恵 (コリヘ/東大阪民族講師会)・斎藤塩子(アルバイト)・斉藤日出治(海南島近現代史研究会)・坂本悠一立命館大学社会史システム客員研究員)・嵯峨山 浩子・佐川亜紀(詩人)・佐藤零郎(NDS)・佐野彰則(イルムTシャツ・デザイン)・佐野通夫(大学教員)・島津威雄(元三重大学教員)・島村教子・新 谷 宏・鈴木 良(元立命館大学教授)・角南圭祐(共同通信記者)・住田一郎(部落解放同盟住吉支部員)・宗博文・徐文平(ソムンピョン/積水ハウス在日社員本名裁判元 原告)・宋実成(そんしるそん)・戴エイカ(たいえいか/ノースカロライナ州立大学外国語外国文学学部教授)・高井弘之(えひめ教科書裁判を支える会)・ 高林敏之(日本アジアアフリカラテンアメリカ連帯委員会)・高見元博(共生舎)・武田雅子(大阪樟蔭女子大学特任教授)・竹村聡子(日本軍慰安婦」問題・関西ネットワーク)・竹本衣江(NPO職員)・館山英夫(日 本キリスト教団牧師)・田中趙美奈子(在日コリアン青年連合)・田中直子(日本軍慰安婦」問題・関西ネットワーク)・田中 宏(一橋大学名誉教授)・田中ひろみ(日本軍慰安婦」被害女性と共に歩む大阪神戸阪神連絡会)・谷 敏光(多文化共生フォーラム奈良)・田辺久子・ 陳天璽(チェンティエンシ/国立民族学博物館准教授)・張征峰(チャンヂョンボン)・趙益秀(チョイクス)・鄭雅英(Chung Ah Young/立命館大学教員)・鄭甲寿(チョンガプス/公益財団法人ワンコリアフェステイバル代表理事)・丁 章(チョンヂャン/詩人)・泰知成(チンヂソン/ちんちそんのつくる平和新聞)・塚昌之(在日朝鮮人運動史研究会会員)・塚本光則(高校教員)・寺井秀 登(多文化共生フォーラム奈良副代表)・寺尾光身(元理系教員)・戸田ひさよし(大阪門真市議会議員)・冨岡和秀・豊里友行(写真家)・中川裕之(元郵便 局員)・長崎由美子(朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪)・長沼節夫(ジャーナリスト)・中沢浩二(排外主義とたたかうネットワーク関西)・長澤民 衣(ながさわたみえ)・中田光信(日本製鉄元徴用工裁判を支援する会)・中村一成(なかむらイルソン/ジャーナリスト)・中村麻結(姫路獨協大学准教 授)・なんどう照子(詩人)・西村寿美子(日本軍慰安婦」問題・関西ネットワーク)・西村秀樹(近畿大学人権問題研究所教員)・西本 恵・沼田充廣(戦争と平和を考えるつどい)・丹羽通晴(おおさかユニオンネットワーク)・野口豊子(編集者)・朴 一(ぱくいる/大阪市立大学)・朴君愛(パククネ)・パクサユ(コマプレス)・朴 実(パクシル/音楽家)・朴正恵(パクチョンへ)・朴東浩(パクトンホ/在日朝鮮留学生同盟中央本部委員長)・波佐場清(ジャーナリスト)・橋本 徹・服部良一(前衆議院議員)・原口 剛(神戸大学文学研究科准教授)・原田恵子(レーバーフェスタ実行委員)・方清子(ぱんちょんじゃ/日本軍慰安婦」問題・関西ネットワーク)・飛田雄 一(神戸学生青年センター館長)・ひびのまこと(barairo.net)・平石 昇(ユニオンおおさか副委員長)・廣瀬研一(ヒロセケンイチ)・黄光男(ファンカンナム/兵庫在日外国人人権協会事務局長)・深田圭子(看護師)・藤井幸 之助(大学非常勤講師コリアンマイノリティ研究会)・藤井昭三(ジャーナリスト)・藤岡美千代(・オリーブガーデン・)・藤代隆介(北海道朝鮮初中高 級学校教員)・藤永 壯(大阪産業大学)・藤美津子(絵描き)・藤本伸樹(ヒューライツ大阪アジア太平洋人権情報センター))・藤原史朗(元教員)・筆谷淑子((有)島岡 製陶所役員)・古野喜政(元毎日新聞ソウル特派員)・羃鮖辧淵擇悒促/セッパラムプロジェクト)・許玉汝(ホオンニョ/詩人大阪コリア文学教室事務 局)・堀江節子(コリア・プロジェクト@富山)・堀江有里(日本キリスト教団牧師)・本條春生・本田哲郎(カトリック司祭)・本多真紀子・本間 全(ふるさとの家)・前川幸美(セラピスト・マインドライフメンタルケアルーム)・前田憲二(映画監督・NPO法人ハヌルハウス代表理事)・前田年昭(神 戸芸術工科大学教員)・ましこ・ひでのり(中京大学国際教養部)・松浦奈美(母・記者)・松尾美恵子(特定非営利活動法人釜ヶ崎医療連絡会議)・松田暢裕 (奈良教職員組合)・松田幹雄(大阪市立中学校教員)・松原康彦(三里塚決戦勝利関西実行委員会事務局次長)・松村徳子(奈良女性史研究会)・松本真紀 子・三木草子(シスターウェーブス)・三木輝雄(大阪府立高校教諭・在日社員本名裁判支援の会元代表)・水野直樹(京都大学教員)・水野浩重(神戸市 民)・源 淳子(関西大学人権問題研究室委嘱研究員)・三室 勇(ジャーナリスト・ネット)・三宅美千子(和泉市における在日コリアンの歴史を考える会)・松野尾かおる(風をおこす女の会)・梶原義之(止めよう戦争 への!兵庫阪神連絡会)・三橋秀子(市民運動家)・文京洙(ムンギョンス/立命館大学教員)・문성근(Moon Sungkun/韓国・興士団企画局長)・ムン青ヒョン(ムンチョンヒョン/一級建築士)・米加田周子(日本キリスト教団牧師)・文殊幹夫(大阪東ティ モール協会)・元 百合子(大阪女学院大学教員)・森本孝子(「平和憲法を守る荒川の会」共同代表)・安井喜雄(プラネット映画資料図書館代表)・山西麻依(自由業)・梁愛 舜(ヤンエスン)・梁澄子(やんちんじゃ/日本軍慰安婦」問題解決全国行動共同代表)・梁武允(ヤンムユン/在日コリアン青年連合)・劉成道(ユソンド /在日コリアン青年連合)・尹健次(ユンゴンチャ/神奈川大学教員)・横田晴美(社会福祉 士)・横山英治・李信恵(リシネ/ライター)・李洙任(Lee Soo im/龍谷大学経営学部教授)・李芳世(リバンセ/詩人)・Lilian Terumi HATANO(近畿大学)・吉岡政子(ふるさとの家)・渡邊 太(大阪国際大学教員)・他・匿名6名

(計245個人)

【団 体】ℐ(アイ)女性会議なら・アジア女性資料センター劇作家協会・コリアンマイノリティ研究会・社会福祉法人聖フランシスコ会ふるさとの家・自由労働 者連合・特定非営利活動法人釜ヶ崎医療連絡会議・日本軍慰安婦」問題・関西ネットワーク・非戦を選ぶ演劇の会・民族を考える研究会(代表:権仁燮/クォ ンインソプ)

(10団体)

メッセージ:

■李真理(イ・チンリ/同胞保護者連絡会)

現在大阪府やその他の日本の高校で非常勤でハングルを教えています。私自身、自分の生きざまでそう訴えてきたつもりですが、

今 回の金稔万さんへの不当判決の中身を見て、あらためて驚きと怒りでいっぱいです。名前さえも踏みにじるのなら日本社会に人権は無いのと同じです。憤りを共 有して闘います。誰もが当たり前に本名を名乗れる世の中になることが人権に関わることであるとこれからも伝えていきます。誰もが当たり前に本名を名乗れる 世の中に!


■김진영 / 金鎭英(민족문제연구소 연구원 / 民族問題硏究所 硏究員)

과거를 잊은 자들에게 미래는 없다. 재일조선인에 대한 차별을 중단하라. 過去を忘れる者たちに未来はない。在日朝鮮人に対する差別を中断せよ。

김진영 金鎭英 Kim, jin young(태평양전쟁피해자보상추진협의회/太平洋戰爭被害者補償推進協議會)

■문성군MoonSungkun(흥사단기획국장 興士団企画局長)

이름은 그 사람의 정체성을 나타내는 상징이다. 개인의 정체성에 개입하지 말라. なまえはその人の正体性(アイデンティティ)を現す象徴である。個人の正体性に介入するな。

秋田賢司(年金生活者)

在特会ネトウヨなどの言われなき差別言動は国民的恥!日韓の歴史研究を共同で行い、小中学生に同じ歴史教育を進めることを訴えています。

■松浦奈美(まつうらなみ)(母、記者)

お つかれさまです。裁判自体に全く参加できず、申し訳なく、情けないです。でも、いつもこうのすけさんのメール等で情勢はチェックしています。私も大学時代 に卒論在日の名前のことを深く考え、悩み、迷い、「松浦奈美」にたどり着きました。そしていまは〈夫婦別姓〉問題に苦しんでいます。本名は佐藤になって しまい、自分が自分じゃなくなる感覚をまたもや味わっています。インマンさんの裁判は、広い意味において、インマンさんだけのものではなく、在日コリアン だけのものでもなく、多くの人の思いがかかったものであることを痛感します。応援しています。

■嵯峨山浩子

안녕하세요!! `本名(民族名)が名のれないのは単純に「ヘン」です。これは2万%日本人問題!! カンパ振込等決まりましたらおしらせください。あと、東京国体反対・ 東京五輪招致反対(優生思想をあおりたて、弱者をおいつめる!)にかかわっています。資料、ごらんいただけましたら幸いです。裁判、あいた口が…ふさがり ません。集会等、遠方でなかなか参加できませんが、拡散などでkる限りのことを…と思います。투쟁!!

■松田幹雄(大阪市中学校教員)

日本社会を問う重要な裁判だと思います。「黙らない」ことが大切だと思います。

■ましこ・ひでのり(中京大学国際教養部)

民族名を一貫して選択して生活する人物に対して、企業がみずからの過ちを責任転嫁して通名を強要した事実は、それだけで不当ですが、裁判所が企業がわの行為をひいきするとは言語道断。歴史的知識が欠落した判事には裁判を担当する資格がないとおもいます。

■清末愛砂(きよすえあいさ/室蘭工業大学教員)

当然の権利を行使できる社会こそが「当たり前の社会」だと思います。

李信恵(リシネ/ライター)

応援してます。

■高用哲(コウヨンチョル/同胞保護者連絡会)

本名は人間の誇りだ!

■塚本光則(高校教員)

通名強要の理不尽さに憤りを覚えます。本当の名前で当たり前に生きていける社会にならなければなりません。裁判を応援します。

■水野浩重(神戸市民)

金稔万さんの勇気に感動です。闘いを支持します。

 

■ムン青ヒョン(ムンチョンヒョン/一級建築士

「名前」は、一人ひとりの個人的な生き方の問題です。しかし同時に、この社会のあり方を問う大きな問題でもあります。金稔万さんのたたかいを応援します。ともに頑張りましょう。

■江利川 憲(フリー編集者)

当方も裁判を抱えており、なかなか傍聴に行けなくてすみません。金さんの正当性は明らかです。粘り強く闘っていきましょう。

■谷 敏光(多文化共生フォーラム奈良

子どもたちのためにも、皆さまと共に支援したいと思います。

匿名

裁判所はとにかくまじめに客観的に審議してください。

■佐野通夫(大学教員)

なかなか駆けつけることができませんが、ともにがんばりましょう。

■浦辻宏昌(元ドキュメンタリー・フィルム・ライブラリー

日本の現状はウンザリです。監督が映画作りに専念出来るよう賛同します。何だかんだドキュメンタリーに足を突っ込んでいる、奈良の浦辻です。控訴審も長くなるので、会費設定してもらえば、毎年振り込みます!

■李洙任(Lee Soo im/龍谷大学経営学部教授)

We fight to be free! George Washigton

■前川幸美(セラピスト マインドライフメンタルケアルーム)

姓 は自分の歴史そのものであり、名は個人そのものの個性であり、それを否定し通名を強制することは人権侵害の何者でもない。建設会社(元請けの大林組と下請 け2社)と国と大阪地裁の関係各者は、自分の目が節穴であり、正を嗅ぎ分ける鼻も聞き分ける耳もない、飾り物の頭しか持ち合わせていないことを披瀝したに 過ぎないことを思い知ってほしいものだ。

秋田賢司(年金受給者)

在特会のことがつい最近も話題になっています。警察との連携で、従軍慰安婦問題の解決を図る人々の4人に、出頭を求めたと聞いています。 

 大企業から、活動資金を受けて、政府自治体の政策に反対を唱えるものを、警察・検察裁判所と一体化した弾圧。

 日本人は、戦前の日韓併合日中戦争での様々な残虐行為からの流れを食い止めることのできない、この国の人々の「残虐性の持ち主」でもあると考えます。

 関東大震災では、多くの朝鮮の人々が言われない差別で、虐殺されたと聞いています。

 そして、竹島尖閣をめぐる論調では、多くの人が「固有の領土」を前提に発言し嫌韓反中を公然と主張しています。

 この排他的残虐性は負の歴史の矮小化と同一のものです。歴史を見直し、過ちを過ちとして認め、近隣諸国との友好関係の確立を目指すべきです。

 そのためにも『キム・イムマンさん』の裁判はぜひとも勝取らねばならないと思います。

 経済的には豊かではありませんので、限られた支援しかできませんが、協力させていただきます。

 ご本人・支援者の皆様・弁護団の方々、良い結果が得られるまで負けずに闘ってください。  

■井手窪啓一(なかまユニオン執行委員長)

民族差別は許さない!

■本條春生

差別排外主義が露骨に表れている今日ですが、こうした地道ですが大切な闘いが報われるよう応援しています!!!一緒にがんばりましょう。

■恩地庸之

金さんのこの闘いの意義を知人等にもどんどん訴えていきます。

■三木草子(シスターウェーブス)

名前は人権です。すべての人が恐れることなく本名を名乗れることは、人権が尊重されている社会です。司法は人権を尊重する立場に立つべきです。

■藤美津子(絵描き)

人権無視もはなはだしい。税金は取りながら、選挙権がない。本名も奪う。近代国家とはいえない。怒り!! 安倍政権になってから、警察、裁判官、すべてが右傾化しています。

■元 百合子(大阪女学院大学教員)

不当判決を受けた金稔万さんの無念、悔しさを想像しています。弁護団の皆様も大変だと思いますが、支援の輪を広げることで援護射撃したいと思います。

■本多真紀子

名前は人格そのものを表していると思います。民族名で働くことを妨害した企業は、人の心を踏みにじったのだから、即刻、損害賠償すべきです。

■斎藤塩子(アルバイト)

通 名使用を強制すること自体、歴史的にみても、個人の尊厳をふみにじる重大な加害です。同時に、元請け-下請け構造の問題、下層労働の問題もあぶり出されて いるように思います。裁判闘争は消耗することも多いと思いますが社会化するいい機会と捉えることも可能です。金さん、支援者のみなさんに連帯の気持ちを送 ります。排外主義が猛威を振るう日本で、この裁判闘争はとても大切だと思います。情報発信も続けてください。応援しています。

■森本孝子(「平和憲法を守る荒川の会」共同代表)

今 でもこのような差別が続いていることに、愕然とします。私は、朝鮮学校無償化補助金支給から排除されていることに対しての抗議活動をしていますが、日 本社会に深く根付く朝鮮人差別の実態は人権意識の低さを露呈していることだと思います。経済大国でなくていい、人権問題にもっと敏感な人間社会を築きたい ものだと思います。金さんの勇気ある告発を支持します。

■菊地夏野(名古屋市立大学

自分の望む名前を尊重されるのは当然の権利だと思います。

田辺久子

がんばってください。一方的なやり方はNGです。

■黄光男(ファンカンナム/兵庫在日外国人人権協会事務局長)

強制的に日本名を名乗らせておいて、本人が了解したと言い張り無罪になるのであれば、脅迫罪もセクハラも本人が同意したと言い張れば無罪になることと同じではないでしょうか。「日本名は屈辱的であった」という金稔万さんの主張だけで充分でしょう。

■鍬野保雄(日本とコリアを結ぶ会)

本名でがんばっておられることに敬意を表します。いまだに通名でないと通らない社会であってはなりません。勝訴を心より願うものです。

堀江有里(日本キリスト教団牧師)

金稔万さんの裁判に関して、傍聴に行けていなかったのですが、不当判決に大きな憤りを感じたひとりです。

■郭日出(かくひで/日之出書房)

差別」は思考バランス力の欠如から起るものとして古本屋の社会責任として 生野区で店舗を持ち 本を集めて努力をして来ました。

 団塊世代が「差別」を助長し、日本の若者を「思考バランス力の欠如」へ追い込んでいる現状にあきれて怒りを禁じられません。

「思考バランス力の欠如」の人間達はその思考ゆえに 自分の子供、周囲の人々の可能性を奪っている事を知っているのかと考えます。

重 厚な文化遺産を継続した日本は憲法九条の精神に立ち世界貢献すれば大国主義やヨーロッパ主義と異なる新しい世界主義をリードする可能性は有りました。逆に 行く日本を見て なさけなく腹立たしいです。(韓国籍二世ですが朝鮮系日本人と思っています。)朝鮮学校の生徒も 朝鮮系日本人です。

■李美好(イミホ/日本軍慰安婦」問題・関西ネットワーク

貴方には仲間がいます。がんばって下さい。

■石丸次郎(ジャーナリストアジアプレス)

金稔万さんの闘いに賛同・支援します!

館山英夫(日本キリスト教団牧師)

イムマンさんがこれまでしばしば話して; 来られた崔昌華牧師の闘いを覚えて; 関わっていきたいと思っております。

■高林敏之(日本アジアアフリカラテンアメリカ連帯委員会

本名を名乗ることは誰にとっても当たり前の権利であり、尊厳の源です。本人の意思や、歴史的背景を無視した通名の一方的な強要は許されません。応援します。

■朴東浩(パクトンホ/在日朝鮮留学生同盟中央本部委員長)

名前に対する思い、強く共感いたします。

甚だ微力ではありますが、その他協力できることがあればお教えください。宜しくお願いします。

■木下啓子(日本キリスト教団新居浜梅香教会)

裁判は、大変な時間とお金と労力が必要です。おまけに、日本の裁判所は国や行政、企業の味方。そのような中、裁判をされていらっしゃること尊敬いたします。裁判官が良心に基づいた判断を行う社会に変えていけるよう、私も頑張ります。

■藤本伸樹(ヒューライツ大阪

人 格やアイデンティティの一角を占める自分の名前が誤字表記されたとき、書き手の悪意のないミスだとわかっていても気分がよくありません。それが、意思に反 して意図的に通名表記されたとすれば、どれだけ人格権が傷つけられることでしょう。日本人として生まれ育った私には、その苦痛について想像はできても、本 当の痛みはわかりません。多民族・多文化共生を志向しているはずの21世紀の日本にあっても、まだ民族名を奪おうとする力学司法の場で大手を振っている とは。金稔万さん、および支援する人たちの「闘魂」の末尾に加わらせていただきます。

カンパのお願い

裁判や運動を作るにあたってかかっている諸費用は、皆様からのカンパを募ってまかなっています。裁判を支援するため、ぜひともカンパをお願いします!

〈支援カンパ、振替口座新設のお知らせ〉

今まで、釜ケ崎医療連絡会議さまの口座をお借りしていましたが、この度『イルムから』の口座を開設いたしました。

今後は、下記の口座をご利用くださいますようお願いいたします。

▼カンパ振込先▼

郵便振替の場合

記号・番号:00910−0−302377

口座名称:イルムから

他の金融機関からお振込の場合

ゆうちょ銀行

店名(店番):〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)

預金種目:当座

口座番号:0302377

口座名称:イルムから(イルムカラ)

2013-05-29 金稔万さん本名(民族名)損害賠償裁判 控訴審 第2回弁論期日

金稔万さん本名(民族名)損害賠償裁判 控訴審 第2回弁論期日

7月25日(木)11:00〜 
(どなたでも傍聴いただけます)

場所:大阪高等裁判所別館74号法廷
大阪市北区西天満2-1-10)地下鉄京阪淀屋橋駅」「北浜駅」下車 

★傍聴券の抽選があるため、10:30までに裁判所別館1階南側入り口付近にお集まりください。
(10:20〜10:30の間に抽選券配布、10:30抽選)

裁判終了後、簡単な報告集会をもつ予定です。

2013-05-28 第4回「イルム裁判学習会」を開催します!

第4回「イルム裁判学習会」を開催します!

日 時:6月28日(金)
    18:30開場、19:00〜21:00
場 所:ふるさとの家(大阪市西成区萩之茶屋3-1-10)
JR環状線新今宮駅」/南海「萩之茶屋駅」/地下鉄動物園前」下車
西成警察署 斜め前、西成消防署出張所隣

上 映:ドキュメンタリー『我が名は朴実』
      (MBS、1986年12月14日放映)第7回「地方の時代映画祭」特別賞受賞
講演会:「民族名で生きる」 朴実(パクシル)さん (音楽家・元「民族名を取り戻す会」)
解 説:弁護団(空野佳弘さん・奥田愼吾さん・弘川欣絵さん)ほか
参加費:1000円・学生500円・非正規雇用者は無料(終了後、交流会・飲食代別)

主 催:金稔万さん本名(民族名)損害賠償裁判を支援する会・弁護団(空野佳弘・奥田愼吾・弘川欣絵)

       大阪市西成区太子2-1-2 釜ヶ崎医療連絡会議気付
       06-6647-8278 nds-2010osaka★hotmail.co.jp
       ホームページ http://irum-kara.jimdo.com/
       ブログ http://d.hatena.ne.jp/irum/

2013-04-25 金稔万さん本名(民族名)損害賠償裁判 控訴審 第1回弁論期日

金稔万さん本名(民族名)損害賠償裁判 控訴審 第1回弁論期日

控訴審の第1回目の弁論期日です。
社会的に注目されている裁判であることを裁判官に知ってもらうためにも、ぜひ多くの方に傍聴にお越しいただきたいと思います。

控訴審に向け、よりいっそう支援の輪を広げていこうと多くの方に「賛同人」になっていただいたり、第2弾資料集も販売を開始しています。
あまりにも不当な地裁判決をくつがえしていくために、原告弁護団、支援者一同思いを新たにしています。
傍聴、その他様々な形でのご支援をどうぞよろしくお願いいたします!

5月23日(木)11:00〜 
(どなたでも傍聴いただけます)

場所:大阪高等裁判所別館74号法廷
大阪市北区西天満2-1-10)地下鉄京阪淀屋橋駅」「北浜駅」下車 

★開廷15分前に、裁判所1階南側入り口付近で傍聴券の抽選があります。
10:45までにお集まりください。

裁判終了後、簡単な報告集会をもつ予定です。

2013-02-10 韓国でのテレビ報道

韓国でのテレビ報道

韓国のニュース放送局YTNで、先日の地裁判決などを取材した映像が放送されました。(放送日:2月10日)
インターネットでも視聴できますので、ぜひご覧ください。

"내 이름을 돌려주세요!"...김임만 씨의 투쟁
「私の名前を返してください」在日同胞の闘い 2013-02-10 00:17

http://www.ytn.co.kr/global_korean/global_view.php?s_mcd=0930&&key=201302071643140180

(ニュース映像の日本語訳)

[アンカーコメント]
工事現場で日雇い労働者として仕事をしてきた在日同胞が日本政府と建設会社を相手に訴訟を起しました。
行政の便宜のために日本式名前(訳注:通名)を使うことを強要されたという理由ですが。
現代版「創氏改名」とかわらないとし、自分の名前を探すために闘う同胞の金稔万(キムイムマン)さんの話を朴思柔(パクサユ)リポーターが伝えます。

[リポート]
在日同胞の金稔万さんが大阪地方裁判所に入ります。
2年以上にわたって進行した「名前探し」裁判の初めての判決が下される日。勝訴を期待しましたが、結果は棄却でした。

[インタビュー:金稔万、在日同胞]
「生涯日本式名前を使ってきた父も墓碑だけは本名で刻みました。韓国人は日本社会で死なないと本名を使えないのでしょうか?」
金稔万さんは日雇い労働者として仕事をするために去る2009年9月、ある大型建設会社の下請け業者の門を叩きました。
建設会社側は金さんの名前を見て、外国人が日本で仕事をするために必要な就業証明書(訳注:外国人雇用状況の届け出)を出せと下請け業者に要求します。
永住権者(訳注:特別永住者)である金さんは出す必要がない書類でした。
しかし、下請け業者はこの事実を建設会社に説明する代わりに、自分たちに楽な道を選択します。
金さんに日本式名前を使うことを強要したのです。

[インタビュー:空野佳弘、金稔万さん弁護士]
「日本式名前を使えば外国人就業証明が必要ないから、元請け業者の話を逆らわないで解決されるようにしたと、そういうことです。まったく間違ったことでしょう。 このために日本式名前を利用したということも間違いでしょ。」
裁判所は金さんがはやく仕事をしたいとし日本式名前の使用を了解したという建設会社側主張をそのまま受け入れました。
また、日帝強制占領期間「創氏改名」の弊害を正すための努力を日本政府が怠ったという金さんの主張は理由がないと結論付けました。

[インタビュー:中村一成ジャーナリスト]
在日韓国人朝鮮人に対する人権問題が過去の問題のようになっているが、そんな中でもこんなことが当然のようにおこっているということです」

不当な判決を正すために控訴を準備している金さんを自発的に集まった後援者が助けています。
韓服を着たオモニに道で会えば知らないふりをしたほど、韓国人という事実を隠したかった若い時期。
年齢50を越えた今、金さんが行っている闘いは韓国人として真の自身を探すための過程でしょう。
日本・大阪からYTNワールド朴思柔(パクサユ)です。